穴開きキーボードカバーでGOODサウンド

0
52
views

穴だらけのキーボードカバーキーボードにカバーを乗せたはいいもののスピーカーの音がこもってしまう。そこで草間彌生風の水玉柄になるほど穴を無数に空けてみました。


そもそも、私がキーボードカバーを使っている理由は大きく3つ。初期のPowerBookの頃から使ってきました。

  • キーの隙間にゴミが入るのを防ぎたい。
  • プラスティックのキーに爪の先が当たる打鍵音を和らげたい。
  • キーそのものやキートップの劣化を抑えたい。

MacBook Air 13"のキーボード今、使っているのはMacBook Air 13″ Mid 2013ですが、MacBook Pro 15″用とほぼ同じキー配列(結局、Mac OS X 10.7 Lion以降で変わってしまいましたが)なので、その時から使っていたシリコン製カバーをそのまま流用することにしました。ただ、キーボードの両側にスピーカーグリルが出ていたMacBook Proと違い、MacBook Airではキーボードの下にスピーカーがあるため、カバーを使うとオーディオがこもってしまうのです。スピーカー位置は、どうやらキーボード左右の少し手前側から鳴っている印象です。キーボードを覆うと、まるで耳に綿を詰められたようなモゴモゴ鳴る状態になってしまいます。薄さがウリのノートブックとしての弱点の1つとも言えます。

これを何とかすべく思い切って改造してみました。いろいろ考えた結果、出た答えは『キーボードカバーに穴を空ける』でした!…割と普通に。

ただ1つ問題が判明。シリコンゴムのカバーは、プラスティックに穴を空ける時のように、熱したドライバーの先のような金属を押しつけても穴が空かないのです。ゴムですから、当たり前といえば当たり前。いろいろ調べた結果、手芸・工作の店で手に入る、ゴム・皮用の穴空け道具を使えばいいようです。

パンチャーならばと出掛けたのが、困ったときの東急ハンズ。ちゃんと、目的に合いそうな道具をゲットできました。中空になった直径3mmの金属の棒の側面には、切り抜いた材料を排出する穴もあります。

パンチャー後はもう、ひたすら手作業。キートップを除いた四隅や隣のキーとの隙間、周辺部などに、カバーとしての強度を意識しながらグリグリ開けて行きます。頻度が高いcomanndキーやs/e/a/スペースバー辺りは少なめに。時々セットしては、サウンドチェックの繰り返し。


耐久性も考慮最終的に、見た目はかなり派手になってしまいましたが、オーディオは、かなりクリアになりました。耐久性や防塵機能と引き替えですが、通気性もアップしたはず。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here