「CSB365」2008年版に再度出稿しました

0
247
views

CSB365 2008地元福岡を中心に活動するクリエーターを掲載するスケジューラー「CSB365」。2007年版に掲載してもらいましたが、2008年版も購入してみました。

CSB365
http://www.56center-foward.jp/csb/index.html

ダイアリー「CSB365」に載ってます
https://www.kotobato.jp/articles/fukuoka/shown-on-diary-csb365.html

そもそも、自分が「クリエーターでございます」なんて言える意識も無く、実名と写真を出して、自分をアピールするのもそぐわない。平均年齢が自分より低そうなのも、逆に、ネームバリューもスキルも豊富でありながら掲載されていない方が多々居るだろうことも容易に想像できました。自分が接点を持ちたい分野の人は少ないかもしれないし、紙ベースのスケジューラー・ダイアリーだって自分ではまず使うことがないだろうなぁ…と。

そんな、居心地が決して良さそう 🙁 とは言えなかったものの、何でしょう、まぁ、細かいことはともかく、「何だか楽しそうだから、とりあえず一票投じてみた。」「イベントの入場チケットを買ってみた。」というノリなんですね。

目的や成果は人それぞれいろいろあるんでしょうね。
「実際に仕事の依頼や発注につながった。」「クライアントにアピールするきっかけになった。」「懐かしいあの人の近況を知ることができた。」「やっと親に仕事内容を説明できた。」
その形がどうあれ、本人が少しでも何らかの満足という成果を得られればそれでいいんだろうなと思っています(もちろん、それが費用対効果の面でOKなのか、2年、3年と続いていくかどうかは、もっと大きな話なのでしょうが…)。

自分にとっては、「クリエーター」という大まかな括りはあるものの、比較的オープンでもある、この適度に閉じているけれど、緩やかに開いてもいる空間が結構心地良いのかな。あれ?それなりに居心地良いのか :)!?

そんな訳でただ今、鋭意、制作中のご様子。
そうそう、「CSB365」2007年版は、最初の5冊配り終えた後、追加発注した5冊のうちまだ3冊が余っています。さて、どこに押しつけに行こうか。あ、大丈夫です、これ、カラフルな「Death Note」ではありませんから。

DEATH NOTE デスノート(1) DEATH NOTE デスノート(1)

テクノラティ

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here