家系図に最適なGEDCOMフォーマット

0
331
views

引き続いて、家系図の話。

柄にもなくそんな道徳的かつ真っ当なことばかり考えていた訳でもありません(笑)。

家系図を作る協力を依頼されたとはいえ、何も私が書けるはずもありません。大体、自筆には自信がありませんし、まして書の心得などゼロ。格式高く、長い巻物風の紙をクルクルやるなら、私には声は掛かりませんね、ということで、やはりコンピューターベースで何か協力しましょうということになりました。

drawingしかし、作図を頼まれはしたものも、どうもその気になれなかったのです。仕事ではないので、どうしても後回しにしてしまいましたが、なかなか取りかかれなかった最大の理由は、「ただ、人の名前を書いて、線を引っ張るだけの図を描きたくない。」ということだったのです。

家系図を作ってくれと言われながら『ただの図で終わらせたくない!』とは、これ如何に。

いえ、ただの図を描くだけのことであれば、わざわざIllustratorを起動するまでもなく、Excelでも構わないはずです。しかし、それでは何だかつまらない。ダイナミック(動的)ではない。いちいち全部プリントアウトして、見せたい人に郵送するなんてナンセンス。少なくとも私は、そのようなやり方にはあまり面白みを感じませんでした。

というのも、そこには、ぼんやりとではあるものの、ある確信があったからでした。「何か家系図に使える標準仕様のようなものがあるはず」だと。

画像には画像の、音楽には音楽の、3Dには3Dの、動画には動画の適切なフォーマットがあるように、系統や世代管理をするのに最適で、一般にも扱えるフォーマットがきっとあるはず。時系列に眺めるだけでなく、誰もが自分を中心に、先祖や子孫、同世代の人々を自由に閲覧するのに適したフォーマットが。そこで…

見つけたのが、ドイツSynium Software GmbH社のソフトウェア「MacFamilyTree」

>>MacFamilyTreeにより、すべての血族関係の概観を素速く快適に作成し、印象的かつグラフィカルに表示できます。多彩な印刷オプションがあり、系図をインターネットへ公表したり、直接CDに焼くこともできます。MacFamilyTreeは、系図のデータの国際交換のためのGedcom規格に完全に準拠しています。Mac OS Xの最新のグラフィックス機能をフルに使って作成されています。

おお、予想したとおり「Gedcom」という国際規格があったんですね、なるほど、期待できそうです。Mac版しかないものの、Universal BinaryアプリケーションなのでOK。US$ 49.00の価値があるかどうか確かめるべく、とりあえず試用してみました。

しかし、Webサイトには日本語の説明があったものの、MacFamilyTreeアプリケーションには日本語リソースがありません。そこで、使ってみながら、自分で日本語化したデータをパッケージに追加してみました。同時にGedcomや系譜学、親族呼称などについても調べてみました。うーん、奥深い。頭が痛くて吐きそうです。

系譜学
http://ja.wikipedia.org/wiki/系譜学

親族呼称
http://ja.wikipedia.org/wiki/親族呼称

さて、かなりのところまで日本語化してみましたが、残念ながらどうもしっくり来ません。事前に想像してはいましたが、「洗礼」や「徴兵」といった日本の生活にはあまりそぐわない項目がある一方、縦書きをサポートしていないといった点が気になりだしたのです。日本語化(トランスレート)はできても、日本文化化(ローカライズ)ができない限界か。

MacFamilyTree

それはそれとして、MacFamilyTreeは、大幅に機能強化された新バージョンが今年中にリリースされるるようです。8月14日以降に購入すれば無料アップグレード可能。引き続き、期待してみますか。

http://geneasofts.geneanet.org/en/?p=163
http://www.synium.de/macfamilytree/preview.html

  • 自由にカスタマイズ可能なインターフェイス
  • アシスタント機能によるグラフィカルなガイド
  • Mac OS XのCoreData技術を使った強力なデータベース
  • Google Earthのような地理情報のビジュアライズ機能
  • HTML書き出しと、Webサーバーへのアップロード
  • プリントアウト用に自由に編集できるビュー

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here