Nintendo DSの手書き認識がスゴい

0
171
views

財団法人日本漢字能力検定協会公式ソフト 200万人の漢検 とことん漢字脳
財団法人日本漢字能力検定協会公式ソフト 200万人の漢検 とことん漢字脳

先日、初めてNintendo DSという大人気端末を触りました。正確には去年、親戚の子供が持っているのを、さんざん怒られながらゲームをやらされたときが初体験ですが、ある程度自由が与えられて自主的に操作できたのが初めて、ということで。

ほんの10分程度の間に、漢字の書き取りと、英語の学習ソフトを触ってみただけですが、文字を認識する正確さとスピードに驚きました。やはり素晴らしい出来映えですね。

私の手書き認識初体験はApple のPDA「Newton Message Pad」でしたが、アルファベットだけだったものの、認識スピードはお世辞にも速いとは言えませんでした。それも、認識してもらえるような書き方のコツがありましたし。ちなみに、その技術はMac OS XのInkwellとして受け継がれていますが、WACOMなどのタブレットを接続しない限り機能しません。
日本語の手書き文字入力としては、ATOKにその機能があります。画数の多い漢字でも、書き順などに関係なく、ストロークのたびに認識された候補が更新表示されます。最初にこの様子を見たときには、かなり感激しました。

Nintendo DSの機能は、これらと比較しても少しも見劣りすることはありません。手書きした汚いストロークからもストレス無く変換されます。やり直しも簡単。芳名録恐怖症患者としては、全ての披露宴や個展の受付に設置を義務づけて欲しいと切に願います。

もちろん手書き文字認識以外でも、2画面のインターフェイスとか、ペンで触る感覚とか、数々の優秀なソフトウェアも魅力でしょう。小さいスタイラスペンは絶対無くしそうですが、携帯と一緒になったらいいのにとか、いろいろ妄想もする訳です。しかし、私にとっての最大のインパクトは、「ただのゲームとは言い切れないものを、コアなゲームファンでもないユーザーに、携帯と財布とiPodと化粧道具と手帳と鍵があるにもかかわらず、持ち歩かせる程の魅力」でした。

肝心の結果ですか? 英語はそこそこでしたが、漢字は結構ボロボロ…。ブロガーを集めたコンテストをやっていた意図も分かりすぎる程分かります。テンキーの代わりに、手書きエリアが欲しくなりました。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here