山笠エンジョイガイド11:身軽に安全に快適に

0
83
views

さて、七夕も過ぎて、月曜日からは最後の一週間になりました。関連行事が目白押しです。実際に見に出かける時のポイントをいくつか紹介しましょう。

○マナー
注意したいのは、飾り山・舁き山共に、勝手にペタペタ触ったり、場所にずかずか入っていかないこと。あくまでも山笠は奉納神事で、神様に奉納する神聖なものですから、関係者からの注意は守りましょう。
祭りの男衆は、かなりの興奮状態にありますから、勢いで走ってきても避けきれないことがあります。時々、ポジションの取り合いで観客同士で険悪になっている場面も見ますし。細い通りですは、「これから山が走ってきます!」という前には、交通整理役の法被姿の人が来て、「もうちょっと下がってください!」「電柱は危ないですから登らないで!」などの指示があります。また、ボランティアの人たちも居ますから、くれぐれも山の邪魔にならないように、そして自分が巻き込まれて大ケガしないためにも、その指示には素直に従いましょう。
もちろん、ゴミのポイ捨てや歩きタバコ、違法駐車・駐輪は言語道断。周辺に住んでいる人も居ますから、非常階段をよじ登ったり、ゴミを置かないように。

○服装
梅雨明けするかしないかの時期です。場所も、川や大通りから離れた所だと、なかなか風が通らないので、結構蒸し暑くなります。しかも、人混みに揉まれたり、山を追いかけながら動いたりしているうちに、汗をかいて体温はかなり上がりますから、できるだけ吸水性と通気性がいい服装がいいでしょう。浴衣美人は歓迎されます。サンダルや、ヒールの高い靴は避けた方が無難。

○雨対策
天候は要チェックですが、雨だからといって悠長に傘を差しながら最前列で見物というのはあり得ない気がします。後ろから見えないのと、先端が人に触って危険ですから。携帯するなら折りたたみを。スポーツウェアのようなレインウェアだと、蒸れて不快にならずにGOOD。雨は天からの勢い水だと思って浴びるというのもありますが、風邪を引かないように着替えの準備も。

○手荷物
できるだけコンパクトに、貴重品管理は厳重に。デイパックの後ろの飛び出し、ブンブン振り回されるハンドバックは他人の邪魔ですし、自分にとっても非常に危険です。地下鉄構内のコインロッカーもすぐいっぱいになりますから、必要ならお早めに。

○交通手段
できる限り、公共交通機関の利用をお勧めします。追い山当日は、深夜・早朝運行あり。自転車も、整理されると行方不明になる可能性も。最悪、酔っぱらいに乗って行かれますよ。
車は、少し離れた場所に駐車しておかないと、交通規制や人混みに取り囲まれて出るに出られなくなってしまいます。群衆にボディーを傷つけられるのも、あり得る話。

○同行者
同行者と待ち合わせしたり、はぐれないためにも携帯は必須アイテム。見終わった後の集合場所を予め決めておくのもいいかな。小さな子供やペットを連れて行く時には、細心の注意を。

○エネルギー補給
動けば、喉も渇きます、お腹もすきます、携帯のバッテリーも減ります。追い山の時には、周囲の自動販売機は夜明けを待たずに売り切れ続出です。いくつかあるコンビニはどこも人で溢れかえりますが、一応、店の前では氷水に浸けたドリンク類が売られます(電子マネーを使ってる暇は無いはず)。

○トイレ
飲めば、自然の摂理が働きます。ファッションビルやホテルにもトイレはありますが、追い山前後で確実に、快適に使えるのは、地下鉄駅ぐらいなのでご用心。自分がいる場所からの位置確認ぐらいはしておきましょう。当然、女子トイレは長蛇の列が…。

○マナー
注意したいのは、飾り山・舁き山共に、勝手にペタペタ触ったり、場所にずかずか入っていかないこと。あくまでも山笠は奉納神事で、神様に奉納する神聖なものですから、関係者からの注意は守りましょう。
祭りの男衆は、かなりの興奮状態にありますから、勢いで走ってきても避けきれないことがあります。時々、ポジションの取り合いで観客同士で険悪になっている場面も見ますし。細い通りですは、「これから山が走ってきます!」という前には、交通整理役の法被姿の人が来て、「もうちょっと下がってください!」「電柱は危ないですから登らないで!」などの指示があります。また、ボランティアの人たちも居ますから、くれぐれも山の邪魔にならないように、そして自分が巻き込まれて大ケガしないためにも、その指示には素直に従いましょう。
もちろん、ゴミのポイ捨てや歩きタバコ、違法駐車・駐輪は言語道断。周辺に住んでいる人も居ますから、非常階段をよじ登ったり、ゴミを置かないように。

○困った時は
近くにいるボランティアの人、おまわりさん、ホテルのフロント、法被姿の誰か、山小屋に居る人、ご近所さんに聞いてみましょう。

梅雨明けはまだ先になりそうですが、今年のスケジュールは、追い山が週末3連休の中日という絶好の日程です。これらのポイントを参考に、快適に楽しんでください。もちろん、「音声ガイド」「見どころマップ」をお伴に!

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here