チャリチャリ(旧メルチャリ)と他のシェアサイクルを比較してみた【招待コードあり】

メルカリが運営するメルチャリ

メルカリが展開していたシェアサイクルが、運営企業の変更により、ブランド名が「チャリチャリ」に変わりました。福岡市内での実証実験が始まったのが2018年春。旧メルチャリ時代は一時期、『ポートに自転車がまったくない』『那の津の放置自転車置き場で見た』といった話も耳にしました。そんな状況も徐々に改善されてきたらしいので、いろいろ試してみました。
福岡市は、道路行政があまりよろしくなく、狭い道路がいつも混んでいます。ラッシュ時に、一番左の車線を走っているのは列車ではなく、日本でトップクラスの保有台数を誇る、西鉄バスの車列…。昔はよく「自転車サイズの街」ともいわれていましたが、150万都市になって、道路はますます混雑しています。道路もそんな感じで、中心部で自転車は乗りにくいんですが、さてどんな使い勝手か。

招待コードで、チャリチャリのライドチケットゲット! 3qr34f

チャリチャリはこんなシェアサイクル

ギヤシフトはシマノ精機製
ギヤシフトはシマノ精機製

概要

  • 福岡市中心部で2018年春から実証実験を経てサービスインしているシェアサイクル。
  • 1分単位で乗れる手軽さ。スマートフォンの専用アプリから登録し、ロック解除もアプリで(交通系ICカードは不可)。
  • 電動自転車ではない、小さめの自転車。ブランドカラーは赤(ドコモ・バイクシェアと被る)。
  • 専用駐輪スペース「ポート」から、別のポートまでの移動(ただし、放置が多いのが現状…)。
  • 料金:4円/分(明記されてませんが税込)。1日パスや上限の設定はない。
  • 支払いは、乗った翌日末にまとめて、クレジットカードかコンビニで(メルカリポイントじゃない!これも交通系ICカードは不可)。

こんなときに便利

  • (今の所は福岡市中心部限定ながら)都市部のチョイ乗り、20分程度の距離
  • バスや地下鉄路線から外れた場所
  • 平坦なルート
  • 体格が大きくない人

他のシェアサイクルについてはこちら
東京都内でレンタルサイクル ドコモ・バイクシェアに乗ってみた
https://www.kotobato.jp/articles/mobility/docomo-bike-share.html
シェアサイクルHELLO CYCLINGに乗ってみた
https://www.kotobato.jp/articles/mobility/share-cycle-hello-cycling.html