コロナ時代の移動手段としてのシェアサイクル

新型コロナウイルス対策として出ていた緊急事態宣言が解除されたことで、元通りとはいかなくても、徐々に仕事や生活サイクルがリスタートし始めています。ただ、公共交通機関は、どうしても閉鎖空間で他者と密接せざるを得ないので、通勤や移動手段として使うには、躊躇するところ。そこで、シェアサイクルという手段を考え直してみましょう。

私は、MaaS(サービスとしての移動手段)を体感するために、機会があれば(むしろわざわざ作って)、いろいろな乗り物に乗ってみています。シェアサイクルも、東京や福岡、大阪だけでなく、神戸や沖縄、佐賀、北九州、台湾などでも、使ってみました。観光地の需要は当面は回復しないでしょうから、シェアサイクルの通勤ニーズは拡大しそうな気がします。今まで使ったことがなかった人も、これを機会に一度乗ってみるのもいいと思います。

主なシェアサイクルの紹介や、基本的な使い方は、以下の記事をご覧ください。

コロナ時代のシェアサイクルはココがいい

  • 密閉ではない。基本的には、マスクはしなくていい(はず)。
  • 利用時間帯移動ルートを自分で選べる。
  • 通勤ラッシュの交差点周辺だけ避ければ、人が集まってしまうことはない。サイクルポート以外では、近接もしない
  • 自分の自転車ではないので、盗難や管理、駐輪場所、充電などを心配する必要がない。
  • 電車やバスよりも、距離あたりの利用料金が安い。月額利用プランも。
  • 自然と、運動不足の解消にも。
  • 使える場所も徐々に増えている

コロナ時代のシェアサイクルはココに注意

  • 都市の中心部や観光地にしか普及していない。
  • 屋外のサイクルポートは、外の空気に晒されている。
  • 他者とシェアして、直接体が触れる以上、セルフケアが必須。ハンドルだけでなく、サドルやかご、キー、レバー、操作パネルなど、今まで汚れを注意しなかったところも注意。
  • 通勤や通学に使うと、利用者が同じ時間帯に集中し、返却するポートの空きが限られる。
  • 梅雨から夏場、残暑、台風シーズンに掛けて、使えない時が多くなる。
  • マスクをして呼吸がしづらい状態で激しく運動すると、体に過度な負荷が掛かる。
  • 観光地のシェアサイクルは、観光目的以外の利用を許可していない場合もある。
  • 通勤の交通費や事故に遭った場合の処理など、就業規則の確認や変更が必要か。