ACHDSの問題の傾向について

1
17
views

Apple認定ヘルプデスクスペシャリストの、認定資格試験問題の傾向についてメモを。

全てが四択ではありませんでした。6問ぐらいから正解3つだけチェックする問題などもちらほら。覚えているだけで、以下の項目が出題されました。

共有、パブリック
アカウントとアクセス権
ターミナル
アップデート
Windows共有
プリンタ設定
セキュリティ
ネットワーク、AirMac、Bluetooth
ネットワークユーティリティ
ディスクユーティリティ
キーチェーン、パスワード
ディレクトリアクセス
Bonjour
リソースの優先順位

ヘルプやトラブルシューティングとは言っても、「Final Cut Proのレンダリングが遅い」とか、Win/Mac間でのiTunesの音楽データ共有、QuickTime Broadcasterについて、.Macでファイルをバックアップする方法などは対象になりません。

『あれのここら辺か、そうじゃなかったらあっちのあそこら辺を設定する』…日頃、そんなビジュアル頼みで中途半端な操作でごまかしていたり、ファイル属性の管理・設定をサードパーティーユーティリティにだけ頼りきりだと、かなり辛い目に遭います。

1コメント

  1. 「傾向について」とか言いながら、自省の台詞しか出ませんね。もしかしたら、年度末までにもう一度受けるかもしれませんが、高いオフィシャルブックには、あれはあれなりの価値があるのかもしれません。
    うーむ、しかしその頃にはもうLeopardが出ている訳で…

    PING:
    TITLE: ukjis
    たまに来ますのでよろしくお願いします。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here