福岡西方沖地震で壊れたiTunesディスク

今日3月20日は、1年前の2005年、ここ福岡では予想もしなかった規模の地震があった日です。ちょうど日曜日で呑気に寝ていたのを覚えています。本やマニュアル、DVDが落ち、ワイングラスやシャンパングラスが割れました。しかし、一番大きかった被害はハードディスクです!
外付けのハードディスクが認識しなくなってしまったのです。仕事やプライベートのバックアップデータも少なからず痛かったのですが、iTunesでリッピングしていた音楽データが全て吹っ飛んでしまったのは本当に悪夢でした。

今は、別のハードディスクに、歌詞やカバーアートを埋め込んだ音楽データ以外に、iTunes Music Storeで購入した音楽やビデオなども保存していて、データ量は遙かに増えています。これを機にDVDにバックアップしましたが、メディア6枚にもなってしまいました。

貴重な教訓でしたが、さて、データ安住の地はどこに?

この記事を書いた人

kotobato

文章書き、イメージ描いて、恥もかく…コピー/企画提案/デザインなどコンテンツ制作・ディレクションやインストラクションをやってます。誰かの素晴らしい考えや大切な思いを形にするコトは広い意味での『翻訳』だと思う日々です。信条は”cool head with warm heart, network+footwork” ;P

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします