iPhoneが日本で使える日はいつか?

0
133
views

iPhoneを巡る喧噪はしばらく続くでしょうから、しばらくは目が離せないビッグニュースです。しかし、西海岸の熱気を感じれば感じるほど、極東アジアの寒さが身に染みます。

iPhone

確かに、カンファレンス最後に発表されたApple Computer, Inc.からApple Inc.への社名変更も衝撃的でした。マニア向けのニッチなコンピューター屋は、パーソナルコンピューターという文化を生み出し、さらには音楽産業を激変させ、そして情報家電というフィールドに進んでいくことになる―そんな時代の流れに感慨も覚えました。

しかし、実はそれ以上にショックだったことがあります。それはiPhoneへの期待が大きくなればなるほど、時間が経過するほど、ボディブローとしてじわじわ効いてきています。

Killer app is making calls(通話こそがキラーコンテンツ=最強の武器)」というフレーズはさらりと流されましたが、着メロやワンセグにほとんど魅力を感じていない私には、これが結構印象深かったんです。本当に、電話というモノを再定義してしまった。

しかし、iPhoneが対応すると明言している通信規格がGSM/EDGE。それに対して日本の企画がW-CDMA形式とCDMA2000方式。なので、このままでは日本国内では利用できないのです(もちろん、キャリアの問題もあります)。

世界的に見て、日本はケータイ超先進国として進んではいるのかもしれませんが、自国内でのみ進んでいる第三世代(G3)ケータイは、特殊な例として世界から孤立しているという現実。iPhoneがAsiaで発売されるのが2008年という文字が表示された時、このAsiaに「特定アジアとしての日本」は入っていないかもしれない。

Skypeさえ使えれば、通話の問題はクリアできるんじゃないか?とも妄想しますが、iPhoneがすぐ使える使えないよりも、進みすぎているが故に孤立している(使いにくすぎてもいる)というこの状況はショックでした。技術力が高くても、マーケティングやネゴシエーション能力の差によって、いつのまにか後塵を拝することになってしまう。ここら辺は、国の外交姿勢の頼りなさに通じるモノを強く感じます。

iPhoneが、ただの「iPod機能付きケータイ」ではないことに気づいている通信事業者さんには、ぜひ、SIMロック解除云々あたりの末端の問題ではなく、大局を鑑みて欲しいものです。気づいていなかったり、気づいていない振りをし続けるのは、それこそアンテナ0の圏外な気がしますし。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here