滑らかマルチボタンのMighty Mouse

2
42
views

日常的に接している一番身近な入力装置と言えば、マウス。今回初めて、Mighty Mouse(USB)を使ってみました。

私の場合、最初に触ったマウスがMacintoshの1ボタンマウスだったことも影響しているのか、ボタンをどの指で操作するか意識する必要など、長い間ありませんでした。短く押す、長く押し続ける、素早く2回押す、離す、押したままマウスを動かす、その程度で十分でした。それが、Windows 3.1からは2ボタンマウスにも徐々に触れることになり、Mac OS Xが2ボタンマウスをサポートしてからは、その便利さから2ボタン+スクロールホイールマウスしか使わなくなりました。今では、たまに1ボタンマウスを触ると、そのあまりに制限された機能にちょっとイライラしてしまいます。

初期の黒いApple Pro Mouse(黒餡を葛のヴェールで包んだ高級和菓子のようなあのデザインは非常に美しかったと思います)からは、ボタンは独立しているのではなく、マウス全体を軽く押し下げるような操作感です。人差し指と中指、両方をマウス表面につけたままボタンを押すこともあったはず。

Mighty Mouseも、見た目は左右独立したボタンがあるのではなく、表面はApple Pro Mouseと同じようにつるりとしてボタンがありません。これは、左右どちらの表面に指が接しているかを感知するセンサーが内蔵されているからです。右利きの私の場合、マウスのボタン部分に常に触れているのは、右手の人差し指ではなく中指です。クリック操作に使う人差し指はフリーにしておくのに対して、マウスを支える中指は、特に動かす必要性をずっと感じていなかったからだと思います。そのため、両方の指を触れたままクリックすると、予期しない動作をしてしまうことがありますが、これも慣れの問題だと思います。

Mighty Mouseの特徴である「スクロールボール」は、スクロールホイールのように上下のコントロールだけでなく、同時に左右にも360度動かせます。ウインドウの右と下と両方にスクロールバーが表示されているような狭いウインドウでは、スクロールボールをグリグリやることでどの方向にも自由にスクロールできます。マウスを握るときにちょうど親指と薬指が軽くそえられる部分にサイドボタンがあります。この両側のボタンを同時に挟む「スクィーズ」という操作には、ちょっとばかり力が必要です。ここの強弱が調整できれば、と思わずにはいられませんでした。頑なまでに守ってきた1ボタンマウスへのこだわりも残しながら、現代のニーズであるマルチボタン機能を自社なりのインターフェイスで再定義した、非常にAppleらしい製品に仕上がっていると感じました。

2 コメント

  1. 僕もMighty Mouseいいと思います。

    これ無しではつらくなってしまいました。この前の勉強会の時ももって来ていたのでお見せすればよかったですねっとちょっと申し訳なく思ってます。

  2. 手の小さい私には、結構微妙なサイズなんですよねぇ。ずっとMighty Mouseを触った後に、一回り小さいマウスを握ると、冬、手袋を脱いで自分の手を触ると自分の手がどこか小さく細くなっているような、あの不思議な感覚に似たものを感じます。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here