iPod touchを喜んでいるのは誰だ?

0
804
views

電話抜きiPhone—iPod touchが発表されて10日。速攻で注文した人も、塾講の末[Buy Now]ボタンをポチッとやってしまった人も、とりあえずApple Storeで触ってみたい人にも、タッチできるまでが待ち遠しい日々でしょう。

そう、iPod touchとは、既に100万台を販売したというiPhoneから電話機能を省いた端末です。いや、電話機能だけでなく、メール、カメラ、スピーカー、マイク、Bluetooth、Google Maps、スケジュールへの書き込み機能などが無いだけです。

ちょっと待て、そんな無い無い尽くしのiPod touchで満足できるのか?

iPhoneの端末そのものの発売がされない日本にとっての最大の衝撃は、「今の携帯って、魅力的?」「使う人のこと考えて作ってる?」「今のサービスが本当に適正なのか?」という現実を喚起したことだと個人的には思っています。そんな中、iPod touchを見て最初に感じたのは、これが発売されるのを日本で一番喜んでいるのは、iPodファンなんかじゃなくてむしろ、日本の携帯キャリア3社じゃないのかということでした。

世界的なケータイ先進国として、おサイフ機能やゲーム、着うた・着メロ、SNSとの連動など、ますます独自の進化を遂げる一方、世界マーケットではニッチなところに追いやられている日本の携帯業界。それ故に、iPhoneの日本国内発売は、夢のまた夢かとも思えます。

日本のiPhone購入希望者がとりあえずiPod touchあたりのガジェットで溜飲を下げてもらっていれば、自社の携帯ビジネスとは直接バッティングしない。少なくとも、iPhoneを巡る環境から注目をそらし、「黒船」襲来までの当面の時間稼ぎもできる。

「iPodタッチ」登場でiPhone日本上陸はさらに遠のく モバイル-最新ニュース:IT-PLUS

…おっと、そんなに時間的な余裕も無さそうですね。その方が楽しそうですけれど。:P
グーグルフォン近日登場か?

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here