Tips:接続が切れてしまったMacのBluetoothマウスを、キーボード操作だけで再接続する

接続が切れたMagic Mouseをキーボードだけでつなぐ方法

ここからは、具体的なステップで進めていきましょう。

  1. Magic Mouseのバッテリーが十分なことを確認し、裏面のスイッチをオンにする。Magic Mouse 2は黄緑色が表示される側です。Magic Mouse 1は、緑のライトが点滅して、接続待ちの状態になります(点滅のリズムは ・・— )。
  1. commandキーを押したままtabキーを何度か押して、Finderに切り替えます。Spotlight検索(デフォルトではcontrol +スペースバー)で「システム環境設定」を検索し、returnまたはenterキーで開きます(「sys」と入力するだけでも、「system Preferences.app」が候補に挙がるはず)。
Shift-tabでFinderに切り替え
Shift-tabでFinderに切り替えます。
Spotlight検索
Spotlightで「システム環境設定」を検索します。
  1. 「システム環境設定」の検索フィールドに「b」と入力すると、リストの一番上に「Bluetooth」が表示されます。
「システム環境設定」の検索フィールドで「b」を入力します。
  1. ↓キーを押してこれを選択し、returnまたはenterキーを押すと「Bluetooth」パネルに切り替わります。デバイスのリストには、直前まで接続されていたMagic Mouseが表示されています。
「Bluetooth」パネルに、接続が切れたMagic Mouseが表示
「Bluetooth」パネルに、接続が切れたMagic Mouseが表示
  1. Magic Mouseを選択してスペースバーを押すと、再接続されます。
「Bluetooth」パネルでMagic Mouseが再接続
「Bluetooth」パネルでMagic Mouseが再接続
Magic Mouseの再接続
めでたし、めでたし!

それでもダメなら…

これでもうまくいかない場合は、以下を試してみましょう。最悪は、Magic Mouse本体が壊れていれば、修理というより買い直しの可能性もありますが、とにかく、その前にできることはいろいろあります。

  • Magic Mouseの電源を一度切って、入れ直してみる。バッテリーの確認も忘れずに。
  • 近くにある別のマシン側でMagic Mouseが認識されてしまっていないか確認する。例えば、目の前のiMacにつなぐはずが、以前つないだ向こうの机のMacBook Proで先に認識されてしまっていた!ようなことはあり得る。一時的にMagic Mouseを貸した同僚のデバイスに先につながってしまい、デバイスのログインパスワードもわからないので解除できないような例も。
  • スピーカーやヘッドフォン、キーボードなど、別のBluetoothデバイスがある場合は、一時的にそれらをオフにしてみるのも有効。
  • Macを一旦、強制終了。再起動すれば、基本的にはそのまま自動認識される。
  • それでもダメな場合は、最後の手段で外付け有線USBマウスのお世話に。ただしこれも、接続側がUSB-Cポートだったりすると絶望…なので、せめて変換アダプターは、身近に置いておくのが安心。

予防策1:マウス名を付け替えておく

Magic MouseとMagic Keyboardが並んで紛らわしいので、名前を付け替えて識別しやすくするのもいいですよ。「システム環境設定」-「マウス」-「Bluetoothマウスを設定…」を開き、デバイスを右クリックすると、好きな名前が付けられます。これで、間違ってメニューを選択してしまうのを避けられます。

予防策2:予備の有線マウスを準備しておく

こういう事態に備えて、職場に1つは有線マウスを置いておくのはいい予防策です。冗談ではなく本当に!

社内でサポート役をやるような立場の人ならもちろん、常駐先の業務やイベントの中継など、出先のオペレーションなどでリスクを減らしておきたい人にもオススメ(今、経験者が真摯に熱く語っています)。バッテリーやBluetooth、OSのバージョンや設定の心配をせず、確実に接続できるデバイスの安心感は、十分理解できるはずです。大体「普通のUSB有線マウス」がコンビニなどで手軽に買えるとも限りません。

普段使いするわけではないので、高機能マウスでなくてOK。もちろんこれとUSB-Cアダプターはセットで!