探しています、探されています

0
237
views

猫、探していますバス停で見かけた何気ない張り紙に、どこか見覚えのある光景が目に入る。猫がいなくなったらしい。
その喫茶店には、足繁く通い詰める訳でもないのに、時々足が向く。
裏通りにある小さい店は深夜まで開いていて、そんな自分には結構心地良い。あちこちで猫が無防備に転がっているのも、それなりに和んでしまう。

そこには毎年、九州場所の時にやって来る相撲取りがいた。
相撲取りとはまだ言えないのか、髷は結っていたものの、下っ端の下っ端なのかもしれない。鬢付け油がかすかに香る。
こいつを何度か、喫茶店で見かけていた。

なぜこんな所に? 相撲部屋が近くにあるとも思えないから、わざわざ来ていたのか。勝っても負けても来ていたのか。
割と良くしゃべる。店内に店主と私と彼しかいない時も、ほとんど一人でしゃべっていた。
そして、結構、甘い物好き。トウモロコシで作ったケーキとか、品切れになっていたものは、あいつが先に食い散らかしていたのだと睨んでいた。
『ちゃんこ喰わずにケーキ喰ってちゃ、強くなれんぞ!』と、相撲協会理事のようなことも思わないではなかった。

今年はちょうどその時期に留守だったこともあって、例年のように彼が来ていたかどうかは分からない。
見かけたら見かけたで「ああ今年も…」だなんて思っただろうし、見かけなかったらそれはそれで、別にどうということは無かったはず。来られないほどに強くなって番付が上がっていたのかもしれないし、もう土俵を去ってしまったのかもしれない。できれば、付き人ができるほど強くなっていて、お忍びで来ていた…ならいいのにとか、適当な想像をしてみる。

いつの間にかいなくなった人がいて、それを探す人がいる。そしてその陰に、どこかでちょっとだけ気にしている人もいる。探すほど興味がある訳でもなく、元々知らないから探しようもないのだけれど、少しだけ気になっている。

あの猫は見つかったんだろうか?

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here