ATOKのUniversal Binary化を熱望

先日、Universal Binary化云々について書いた直後、Adobe CS3が年内にも発売か?との噂が出ましたが、あれだけの大きなツール群になり、しかもMacromediaを合併した後ですから、結局は、早くても来春あたりではないかという気がします。

それはそうとして、困るモノがもう一つ。それがImput Method(入力変換ソフトウェア)のUniversal Binary化です。

私の場合、サードパーティーのImput MethodとしてEG Bridge(と、ワープロソフトのEG Wordという組み合わせ)から入って、一旦、ことえりを試したものの、初代のあまりの非力さに辟易していました。そこへ、Windowsで定評のあったATOKがリリースされ、速攻で乗り換え。以後、ずっと律儀にアップグレードを予約購入までして使い続けてきました。

問題は、去年後半に入手したばかりのATOK 2005が、現バージョンではUniversal Binary化の予定が無いと明言されたこと。これは本当に困りました。変換のみならず、校正支援や辞書機能も複合的に使っているので、これが使えないとなると、Intelマシンをメインで使うことはできません。Rosetta経由で遅いならまだしも、動作しないのですから。

グラフィックワークも遅い、入力変換もできない、これでは今のところは触手が動かせないのが現実です。

この記事を書いた人

kotobato

文章書き、イメージ描いて、恥もかく…コピー/企画提案/デザインなどコンテンツ制作・ディレクションやインストラクションをやってます。誰かの素晴らしい考えや大切な思いを形にするコトは広い意味での『翻訳』だと思う日々です。信条は”cool head with warm heart, network+footwork” ;P

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします