『子どもが体験するべき50の危険なこと』G. Tulley, J. Spiegler

0
60
views
子どもが体験するべき50の危険なこと (Make: Japan Books)

子どもが体験するべき50の危険なこと (Make: Japan Books)

普段「やってはいけません!」といわれるようなことばかりを集めた一冊。丁寧に書かれた教育指導書であると同時に、大人に向けた宿題帳だ。

読む前は、長い間大人をやっている(つもり)なら、6割ぐらいはやったことがあるだろうと思っていたが、ギリギリ半分しか経験していなかった。日本向けに微調整されているにも関わらず、だ。
内容は、ひと昔前の子どもなら誰でもイタズラでやっていたようなことだ。いざという時には周りの大人からこっぴどく怒られたり、場合によっては見て見ぬ振りをしてくれたりしたが、今はそれも難しい。
各項目のトビラに付けられた小さな注意マークが、端的かつシニカルで面白い。「04 フランス人のようにキスであいさつしよう」の場合だと、[気持ち悪い][ひっぱたかれる][はずかしい]の3コンボといった具合でかなり身も蓋もない。もし、1つ危険を克服するたびにこれらを集めて眺めたら、勲章のように輝いて見えることだろう。

検索して、最初から危険なものや失敗を避け、成功だけを知ったような気になれる昨今、他者が決めたルールに敢えて反することをしてみる。最低限の安全は確保した上で、危険なことは危険なこととして、肌感覚レベルでリアルに体験する。よくわからないことを無闇に恐れず、自分にとっての安全を確保するスキルを磨く。そんな、やり残したがまだまだあることに気づいたり、ハラハラしながら子どもを見守れるだけの度量があるかを、大人の側が試される。

途中にあったこの一文が、とても強く心に残る。
『世の中には、正しい方法よりも、楽しい方法のほうが勝つことがあります。』
楽しい宿題の提出期限は「生涯」らしいので、元子どもとしてもゆっくりひとつずつチャレンジしてみたい。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here