プレゼン審査の投票にクアドラティックボーティングを使ってみる

クアドラティックボーティングという用語を聞いたことはありますか?これは、一人一票よりもさらに民主的な視点を持った、新しい投票システムの呼称です。台湾の天才IT大臣オードリー・タン氏が紹介しているのを知って感銘を受け、この投票の仕組みをいつか使ってみたいと思っていたんですよ(東京オリンピックに合わせた彼女の来日が中止になって、ホッとしてます<3 世界の叡智は大切に守らねば)。

彼女のインタビューを読むと、どうもこのクアドラティックボーティングという仕組みは、Ethereumコミュニティーで発案されたようですね。Ethereumは、仮想通貨にも使われる分散型アプリケーションの、オープンソースのプラットフォームですが、ここからスピンオフしたアイデアのよう。

実は、私がこの3ヵ月お邪魔してきた専門学校の授業で、企画提案書の作成とプレゼンテーションの授業の機会がありました。そこで、審査結果の投票の仕組みとして、このクアドラティックボーティングを使ってみようと準備していたというわけです。

ただ、シラバスの関係上、授業で実施したプレゼンテーションが仮だったこともあり、実際にはまだ本番運用前なんですが、折角手順や説明資料も揃えていたので、この機会に概念とサービスを紹介しておきます(主に、自分自身が忘れないように…)。

クアドラティックボーティングって何?

quadraticとは、二次方程式における「二次の」です。通常の一人一票とは違う、基本の考え方さえわかればとてもシンプルかつ合理的です。
クアドラティックボーティング(Quadratic voting)ではまず、有権者に一人当たり総ポイント数で99ポイント(pt)を付与します。このポイントは、票を投じるごとに「平方倍のポイント数」を消費していきます。つまり、以下の通りです。

1票 1×1 = 1pt
2票 2×2 = 4pt
3票 3×3 = 9pt
4票 4×4 = 16pt

9票 9×9 = 81pt

有権者が持つポイントは、99ポイント(pt)/人。候補者が複数いる場合、例えば、自分が最も支持する候補者が一人いたとしても、最大9票(81pt)までしか投票できません。18pt余るため、この残りを全部を使い切るには、他の候補者にも投票する必要があります。特に支持する候補者がいない場合は、さらに分散することになります。
このようにして選択肢を増やすことで、多様な意見を取り入れ、民主主義を促す投票の仕組みが、クアドラティックボーティングです。

  • 有権者が持つポイントは、99ポイント(pt)/人。1票を投じるごとに「平方倍のポイント数」を消費していく。
  • 複数の候補者に、複数の票を投じられる仕組み。余った票を敢えて投じないことも可能だが、推奨はされない。
  • 一人の候補者に投票できるのは1回。「9票プラス1票」のような投票は不可(当たり前)。

クアドラティックボーティングを使うと幸せになれる人

  • 民主主義の危機を肌身で感じる現代に生きる社会人
  • テクノロジーによる解決に希望を抱いている未来指向の皆さん

クアドラティックボーティングのココがいい!

  • 特定の候補者にだけ票が一極集中することなく、少数派の多様な意見を見える化できる。
  • 二項対立や、敵対組織の悪魔化を回避できる可能性がある。
  • 票を換算するポイント(pt)を■でビジュアル表示すると、概念が非常にわかりやすい。

クアドラティックボーティングのココはイマイチだったり要注意…

  • 全然知られていない。基本となる概念を理解するまでは、複雑に感じられてしまう。
  • 簡単に集計できるサービスやツールが少ない。日本語対応はほとんどない。
  • 独裁を画策する権力者には、非常に都合が悪い仕組み。