Tips:iPhoneのバックアップは二重の方法と場所で取っておこう

ミュージック
ミュージック

iPhoneが急に動かなくなったとか、機種変更したい人で、『バックアップができていない』『バックアップしてるかわからない』、『バックアップって何?』(!)状態のことがあります。iPhoneやiPad、iPodのデータは、パソコンとiCloudの両方にバックアップしておくのがオススメです。

ローカルとiCloud両方にバックアップする方法

  1. ミュージックを開く(OSによってはiTunes)。
  2. 「デバイス」で、接続しているiPhoneを選択する(場合によってはiPadやiPod)。
  3. ウインドウ右上に表示される[同期設定…]ボタンをクリックすると、Finderで同期設定ウインドウが開く。
ミュージックでデバイスの同期設定
ミュージックでデバイスの同期設定

  1. 「一般」タブの「バックアップ」で、「iPhone内のすべてのデータをこのMacにバックアップ」ラジオボタンを選ぶ。「ローカルのバックアップを暗号化」と、「このiPhoneが接続されているときに自動的に同期」はチェックするのをオススメ。
  2. [今すぐバックアップ]ボタンをクリックすると、バックアップがスタートするのでしばらく待つ(iPhoneはバックアップ中になり、一部のメニューやボタンがグレーアウトする)。バックアップが終わったら、「このMacへの前回のバックアップ」の日付がアップデートされる。
  3. 「バックアップ」で、「iPhone内のすべてのデータをiCloudにバックアップ」ラジオボタンを選び、[今すぐバックアップ]ボタンをクリックする。ここまでで二重バックアップは完了!

後は、パソコンにつなぐたびに、重要なデータだけiCloudに同期されます。普段のバックアップは、それで十分でしょう。それと併用して、時々、ローカルにも手動でバックアップしておけば、ある程度は安心です。

ローカルのバックアップデータを確認するには

ローカルのバックアップデータを確認したい場合は、次の方法で操作しましょう。ただし、中を開いても暗号化されたデータのフォルダが並ぶだけで、目視して判別はできません。
Macの場合は、Time Machineですでにバックアップ済みなので、さらに外部ディスクなどへバックアップコピーしておく必要はないでしょう。

1.同期設定ウインドウで、[バックアップを管理]ボタンをクリックし、「デバイスのバックアップ」リストに表示されるデバイスを右クリック。表示されるメニューから「Finderに表示」を選ぶ。
直接、以下へ移動も可能。
~/Library/Application Support/MobileSync/Backup/

  1. バックアップされたデータが、フォルダ単位で表示される。

最近の問題は、iPhoneを使っている人が、母艦としてパソコンも使っているとは限らないこと。そういう人たちは、最新バックアップがiCloudにあればまだいい方。実際、Appleのリアル店舗に足を運んでいた頃には、Genius Barでそれ関係の相談している人をよく見掛けていました。

貴重な想い出や重要なデータがなくなる前、後悔する前に、やるべきことはやっておきましょう。特に、iOS/macOSのアップデートやアップグレードの前には必ず!