Time Machineでクラウドとローカルの楽勝バックアップ術

バックアップ、やってますか?大事なことはわかっていながら、面倒臭かったり、いろいろ環境で制限があったり。普段はそれほど要らないけど、必要になったときには地獄の底から後悔するほど大事。風呂の蓋どころではありません!

Macユーザーにオススメなのは、Time Machineを使ったクラウドとローカルのいいとこ取りです。『iMacにしかデータがない』『外付けハードディスクにしかファイルがない』『Googleドライブにあるのがすべて』『iPhoneにしか写真がない』という状態を極力回避できます。何より、ガンバったり無理する必要がないストレスフリー。

  • MacやiPhoneなど、Appleデバイスの基本情報(メールアカウント/住所録/キーチェーン/Safariブックマークなど)は、ミュージック.appでiCloudまたはローカルにバックアップする。
  • Dropboxなどのクラウドサービスを利用し、データを保存するメインの場所にする。
  • そのDropboxフォルダを、Time Machineでローカルのハードディスクに自動バックアップする。
Time Machineディスク
Time Machineディスク

データに不具合があったり、間違って削除してしまったら、まずはTime Machineから復旧させればOK。もし、Time Machine用ハードディスクに障害が起きれば、クラウドからダウンロードします。逆に、クラウドサービスに不具合があれば、ローカルのTime Machineからサルベージできます。クラウドサービスとTime Machineが両方一度にダメになる可能性は低いので、リスクを分散して冗長化できます。
私の場合、Time Machineは、もちろん各Macごとにそれぞれ設定していますが、Dropboxは複数間でシンクロさせています。2020年7月時点で、外付けハードディスクの合計が約10 TB、クラウドはDropboxで2 TB(他にほぼ未使用が数TB)を使っています。

Time Machine用ハードディスクを必ず使おう

意外に、Time Machineを使っていないMacユーザーがかなりいます。ビジネスユーザーですら!Time Machineは、従来のバックアップという概念を覆した、素晴らしい技術です。面倒なステップやミスからユーザーを解放してくれました。これを使わないなんでもったいない!一旦設定して、接続さえしておけば、後はほったらかしで構わないのが楽です。そして、いざ必要になったらその実力を発揮してくれる頼れるテクノロジーです。今まで何度も命拾いしてきましたし、Macを乗り替えるときにも最高に便利です。Time Machineを使わないんだったら、Mac使うな!レベル。

再インストールやダウンロードで取り戻せるデータは、バックアップ対象から除外すれば、ディスク容量を効率的に使えます。例えば、アプリケーションなどは外しておいていいでしょうが、ダウンロード回数が制限されているプラグインや辞書ファイルは、キープしておいた方が安心です。
Time Machineハードディスクをたまにしか接続しなければ、バックアップの意味がないので、常時接続が基本。最近は、大容量で高速なハードディスクも安くなったので、できるだけ大きい容量のディスクを買うことを強くオススメします。個人ユーザーで『置いておくのが邪魔』なら、ポータブルドライブでもいいので、とにかく用意して、常に使う習慣を付けておきましょう。

クラウドサービスの有料プランを契約しよう

うだうだ考えず、クラウドサービスの有料プランをさっさと契約しましょう!今頃、費用対効果とかいいだすような上司は、USBケーブルで首を締め上げてでも認めさせるべき。失われるデータや復旧に掛かる手間とストレス=プライスレス。
これは、外付けのハードディスクを増やすようなものです。サブスクリプションなので、買い切りのローカルのディスクよりは費用が掛かりますが、ビジネスのスケールに合わせて、比較的自由にディスク容量を増減させられるのもメリット。
DropboxやG Suite、OneDrive、Boxなど、主要なクラウドサービスから選べばいいでしょう。iCloudは、ビジネスには向きませんが、ファミリーユースなら十分あり。
ただ、Dropbox Businessだけは使い方に注意してください!過去に死にかけた本人からも注意を訴えておきます。

データの保存場所をクラウドに変えよう

私は、写真も音楽も、デフォルトの場所からDropbox内に移動させています。音楽は、Amazon Musicは、jpとcom両方を併用し、Google Play Music改めYouTube Musicも利用しています。