機種変更したスマホにGoogle 2段階認証を再設定する方法

Google Authenticatorアップデート
アプリのアップデートは、この記事の一週間後でした :'(

技術の進化は間に合わないことも多いもの…。

Google Authenticator(Google認証アプリ)の登録内容を簡単に移行できる方法を知らずに、全部、手動でやりましたけどね、60回以上(!)、3日に分けて…いいんです別に…どっちみち、1Passwordに再登録する必要があったサービスもそれなりにあったんで :'(

先日、しれっとiPhone 12に機種変更しました。Twitterを見て、Tumblrを見て、たまに野良猫の写真など撮ってと、A14 Bionicプロセッサーという最先端テクノロジーを最大限に活用しています。
スマートフォンという、コモディティー化したデバイスの入れ替えには、ワクワクドキドキしなくなって久しいのは、ちともの悲しいんですが、久しぶりのiPhoneの機種変更が結構な手間でした。その最大の原因は、Google Authenticatorの登録内容が、新旧のiPhoneで同期できない…と勘違いしていたこと!

Google Authenticatorは、Webサービスをセキュアに使うための、2要素認証(2段階認証)に利用する標準的なモバイルアプリです。登録していたいろいろなサービスの情報は、実は、Googleのアカウント設定で新しいスマートフォンに移行できます!以前は、そんな便利な移行手続きはなかったのに!思い込みは禁物、ダメ、絶対。

折角ならこの機会に、2要素認証を管理する機能を持つ1Passwordを使ったり、内容をアップデートするのがオススメです。負け惜しみでなく…Windows+Androidでも有効です。

これを知っていると幸せになれる人たち

  • まともなiPhone/iPad/Androidユーザー全員
  • これを機会に、セキュアなアカウント管理のために、1Passwordをちゃんと使いたい人
  • すでに1Passwordを使っている人で、2要素認証の内容をアップデートしたい人
  • (対象外:アカウント管理を社内の専門部署に任せているビジネスユーザーや、『2要素認証って、何?』的なナイフを無邪気に振り回す、ソーシャルテロリスト)

新しいスマートフォンに、Google Authenticatorアプリの内容を移す方法

以下は、デスクトップと新しいスマートフォンでの操作です。移行前の旧スマートフォンで必要な操作はありません。

  1. Googleアカウントにログインする。
  1. 「セキュリティー」項目を開いて、「パスワード」>「2段階認証プロセス」の詳細を確認する。
  2. 再度、本人確認のログインで続行する。
  3. 「認証システム アプリ」で、「スマートフォンを変更」リンクをクリックすると、QRコードが表示される。
  1. 新しいiPhoneでGoogle Authenticatorアプリを開き、右上の[+]ボタンをタップする。下に表示される「バーコードをスキャン」をタップし、デスクトップに表示されたQRコードを読み取る。
  2. Google Authenticatorアプリに表示される6桁のコードをデスクトップにページに入力する。あとは手順に従って、移行手続きを完了する。
  3. 任意のサービスで、2要素認証を使ったログインを確認する。