STATION DESKは、出先での引きこもり作業にいい集中デスクだった

東京駅の地下に2019年11月末にオープンした、STATION DESKを使ってきました。電話ボックスというか、シャワーブース風のSTATION WORKの方を使ったことがありましたが、さて、その違いや使い勝手は?

STATION WORK
STATION WORKの中にある一部のコーナーがSTATION DESK。
[追記:2020/02/25]
 東京メトロでも、同じようなサービスがスタートするみたいです。

STATION DESKの特徴

STATION DESK内のマップ
いろいろなデスクタイプが充実。
  • JR東日本が駅ナカで展開する、無人の(コ)ワーキングスペース
  • 机と電源、Wi-Fi、無料のドリンクあり。
  • STATION WORKよりも広く、いろいろなシートタイプあり
  • 今のところ、東京駅の地下南口だけ。
  • 退出や一時離席も可能
  • 利用開始直前でもキャンセル可能(キャンセル料無し)
  • 料金はキャンペーンで15分162円、通常は同270円(税込)
  • 予約はオンライン、解錠には交通系ICカードまたはQRコード。決済は、クレジットカードまたは交通系ICカード

STATION DESKのココがイイ!

  • STATION WORKよりも広いスペースの中に、いろいろなシートタイプがあって選べる
  • スマホで登録、予約、決済完了。シンプルな料金体系
  • 駅ナカなので移動中に立ち寄りやすい(人は、使いやすいかも)。

STATION WORKとはココが違う!

  • デスクタイプが選べる。STATION WORKよりは広い。
  • 2人でも利用可能で、キャンペーンで15分216円(税込)。
  • オンライン会議や電話用のブースあり。
  • 無料のドリンクサーバーあり。
  • 退出や一時離席の時にも、QRコードをかざす操作が必要(STATION WORKは[開く]ボタン)。

STATION DESKのココはイマイチ…

  • とにかく、場所が分かり辛い!
  • 料金の上限設定がない(料金自体、会員登録しないと表示されない)
  • Webサイトがちょっと見辛く、使い辛い。
  • 設置場所が増えないと、使う機会がない。

使うまでのフロー(STATION WORKとほぼ同じ)

  1. サイトにアクセスし、ユーザー登録しておく。
  2. 使いたいデスクタイプを時間を確認し、予約する。
  3. 時間になったらブースの前に行き、WebブラウザーでページのQRコードを表示させる。
  4. ブースの扉横にあるパネルで、QRコードリーダーを起動して、コードを読ませる。
  5. ドアが開くので、サッと入室。
  6. 電源やWi-Fiを設定して作業に専念(予約終了の5分前の自動アナウンスなどはなし)。
  7. 出入り口横にある室内のリーダーにコードをかざして退出。
シートと時間帯の検索結果
空いているシートと時間帯を選んで予約。