ビデオ会議や取材、Macの音は、Audio Hijackで全部まとめて録音が楽

今年、リモートワークが急速に普及したり、イベントが無観客や人数制限付の配信になったことで、ビデオ会議やストリーミングサービスを使うシーンが増えましたよね。社内の定例会のようなWeb会議以外にも、社外とのミーティングや取材、ライブパフォーマンス、参加型のイベントなど、見る側・見られる側・見せる側などさまざまです。忘年会やクリスマス、新年の挨拶もきっとそんな感じでしょう。

Audio Hijackアイコン
Audio Hijack

仕事の話をすると、議事録用の音声の記録や取材音声の録音って、どうしてますか?WebブラウザーとMacから再生される音声に、自分やチームメンバーの肉声や、他のオーディオを一緒に録音したいことがありますよね。スピーカーから音を出すと、会話がダダ漏れなのでセキュリティー的にもマズいですし、スピーカーから再生される音をマイクが拾ってコールバック状態になる上に、ノイズも混ざりやすいですよね。

そこでオススメなのが、シンプルなのに柔軟性が高いMac用録音ユーティリティー、Audio Hijackです。

[追記 2021/3/18]macOS Big Sur 11.0で、インストールと設定が一手間掛かるようになってます!
近日、記事を公開予定 ;)

Web会議や取材の録音って、結構面倒だから

ビデオ会議や取材は条件がいろいろあって、実は結構、設定が面倒なんですね。

例えば、社外との打ち合わせは、WebブラウザーでGoogle Meetを使っているけれど、社内は、Microsoft Teamsアプリケーションでやり取りしているとか、取材相手に合わせてSkypeを使う必要があるとか。
スピーカーからの音をマイクが拾うと、音が遅れて二重に再生されて聞き苦しいので、イヤフォンマイクを使っているが、相手の声はオンラインで、そこに自分の肉声も被せて録音したいとか。

相手に話してもらう内容を音声コンテンツにしたいが、わざわざミキサーまで使うほどではない。とはいえ、先方のボリュームをもうちょっと上げてノイズは抑えたいとか。使うデバイスにしても、iMacの場合もあれば、MacBookを使っていたり。

これらの問題を解決できるのが、Audio Hijackというわけ。ちょっと物騒ですが、いろんな入出力ソースやデバイス、フォーマット設定を全部ジャックしてコントロールを奪い、一箇所で集中して扱えるほど強力です。

開発・販売しているRogue Amoeba社は、2002年からMac用のユーティリティーをリリースしています。印象としては20世紀からでしたが、それでも20年近い老舗メーカーの一つ。私は、Audio Hijackの前身のAudio Hijack Pro時代から使っているので、もう7年以上愛用しています。今年、間違いなく使用頻度が上がって、使うシーンも広がりました。

Audio Hijackを使うと幸せになれる人

  • Web会議の議事録を、音声アーカイブから作る担当者
  • 一応、オーディオメモとして(も)、記録を残しておきたいビジネスユーザー
  • ネット経由で誰かに取材して、話を聞く必要がある人
  • 音声コンテンツを作ったり配信したいクリエーター
  • 標準の録音ユーティリティーでは満足できないMacユーザー
  • 『いった、いわない』で揉めたくない、文春ネタにされたくない社会人

Audio Hijackって、どんなユーティリティー?

  • Macのどんなオーディオも、まとめて録音できるユーティリティー。複数のソースを個別にコントロール可能なので、例えば、Web会議やビデオ中継サービスの参加者の発言と、自分の声、再生するビデオのオーディオ、マシンのシステムオーディオなども、まとめて管理できる。
  • 入出力は自由に組み合わせられるので、サービスや目的ごとに一度設定しておけばOK。例えば「社外Google Meet用(Webブラウザー)」「社内Microsoft Teams用(アプリケーション)」「取材Skype用」「Podcast配信用」など、個別の設定が可能。
  • 設定は「ブロック」を並べてパイプラインでつなげていく、グラフィカルな操作なのでわかりやすい。
  • 組み合わせを「Session」として保存できる。読み込み・書き出しOK。
  • 目的やメディアに応じた「テンプレート」が、各種用意されている。内蔵エフェクトなど、プロファイルも充実。
  • スケジュール機能があり、自動録音・停止にも対応。
  • 録音したファイルに、タイトルやアーティスト、トラックナンバー、カバーアートなどの属性を追加して、ミュージック.appに追加できる。
  • このユーティリティーだけで完結する。ケーブルやアダプターなどのハードウェアは不要。
  • 無料トライアルあり。チュートリアルビデオも楽しいw
  • macOS Big Sur 11.0対応済み、Apple Siliconマシンへも対応予定(ただし、設定の一部が特殊で注意が必要!)。