このAVファイル変換ツールが超イイ感じ過ぎて悩ましい

ビデオファイルの変換ユーティリティーとして、FFmpegのフロントエンドとして動作するff·Worksを紹介しました。macOSが標準ではサポートしていない、wmv/avi/mkvなどのコーデック(圧縮方式)のファイルも扱えて、シンプル操作で変換できます。

Movavi Video Converterアイコン
Movavi Video Converter

実はほぼ同期に、同じ目的のユーティリティーMovavi Video Converterを知りました。少し試したところ、これが今までいくつも試してきたコンバーターの中で、一番使いやすいのです!しかも、機能も十分な上に、価格もリーズナブル。macOS/Windowsのクロスプラットフォーム。困った…悩ましい…複雑な感情のマトリョーシカ状態…結局、購入しましたが、そのモヤる理由も交えて紹介。

ビデオ変換で徹底的に楽をしたい!

そもそも、なぜあれこれビデオユーティリティーを物色しているかというと、とにかく簡単にビデオ編集したいんです。わざわざ専用の重たいアプリケーションAfter EffectsやPremiere Pro/Premiere Rushなどを使わなくても(もしくは使う前の下処理で)、macOSが標準でサポートしていないフォーマットを変換したり、一部を切り抜き(クロップ)したり、前後をカット(トリミング)をやりたい。複数ファイルを登録して設定すれば、後はバッチ処理で楽をしたいわけです。
で、いろいろなニーズを全部解決してくれる決定的なツールはないんですが、しつこく探していると、そのヒントになる情報にアクセスもしやすくなって、見つけて今に至る、と。

Movavi Video Converterはこんなユーティリティー

Movavi Video Converterのメイン画面
Movavi Video Converterのメイン画面
  • ビデオ/オーディオファイルのコンバーター。macOS/Windowsのマルチプラットフォーム対応。Mac OS X Yosemite 10.10以上/Windows 7以上。
  • 180種類以上の、幅広いビデオ/オーディオフォーマットに対応。
  • デバイスのプリセットも、スマホやパソコン、テレビ、ゲーム機など200種類以上。パソコンにデバイスが接続されていると認識し、それに最適化するプロファイルに自動変更も可能。
  • ビデオは、手ブレ補正フィルタ回転クロップトリミングなどの編集が可能。キャプションや透かしの追加、画質の向上処理も。
  • ビットレートやサンプリングレート、VBRなど、細かくカスタマイズ可能。
  • 複数ファイルのバッチ処理にも対応。
  • ハードウェアアクセラレーションとマルチコアプロセッサに対応した、SuperSpeedテクノロジーで、高速変換
  • ライセンスは買い切りで$49.95/1台(本社サイトでのみ)。他にも、1年のサブスクリプションやビジネスライセンスあり。