接触冷感とUVカット!人気の高機能マスクを使ってみた

『「リモート帰省」ってそれ帰省じゃないじゃん』とツッコミを入れるほど、例年とは大きく様変わりしたお盆休みも明けて、8月も後半。しかし、「新しい生活」「ニューノーマル」が半強制される日常は、別に変わらないんですよね。人のマスク姿も、もうすっかり当たり前の景色になってしまいました。通勤や買い物、家族の送り迎えなどで、絶対に外に出なければならない皆さんは、マスクを玄関先や洗面所周りに常備していることでしょう。

それでもやっぱり、鬱陶しい!夏場に屋外でマスクをしていると、口から鼻の周りが蒸れる!!平面顔でも、メガネが曇ってイヤ!!!そこでゲットしたのが、「ダントツマスクール」という接触冷感の高機能マスク。今回は、現代のサバイバルギアを紹介!

ダントツマスクールはこんなマスク

  • 接触冷感高機能マスクで、抗菌防臭UVカット消臭花粉防止などの効果を持つ。
  • マスクに、別売のインナーをセットして使用。マスクは大人用/子供用があり、インナーは、硬め/柔らかめあり。
  • 素材は、マスクがナイロン85%/ポリウレタン15%、インナーは硬めがポリエステル、柔らかめがポリエステル/ナイロン。
  • マスクの耳部分はゴムで、ポリエステル/ポリウレタン。
  • 手洗いOKで、マスクは約50回インナーは約10回使用可能。
  • 小松マテーレ(株)という、石川県の化学素材メーカーが製造販売。
  • 送料無料キャンペーン続行中!

ダントツマスクールのココがイイ!

ダントツマスクール
ダントツマスクール
  • 高機能で上質。安心の日本製。
  • 送料が無料なのが嬉しい(キャンペーン期間以外は、10,000円以上購入で無料)!
  • 薄いベージュ系の商品もラインナップ(一時期品切れだった…)。
  • インナーは、軽く湿らせて使うこともできる。
  • 購入時の決済に、Amazonアカウント(Amazon Pay)が使える。

ダントツマスクールのココはちょっと…

  • (今のところ特にないんですが強いていえば)
    メーカー以外の通販サイトで買えず、人気商品なので、注文して届くまで待ち時間が必要。
    毎日長時間付けていると、耳のゴム紐部分が段々痛くなってくるのは、他のマスクと同じかも(未確認)。

1セット1,800円強で、2週間待ち

買ったのは以下の組み合わせで、マスク+インナーを5セット用意しました。いずれも税込。Amazon Payというのを初めて使いました。本体を洗って50回使えるので、単純計算で37円/回ちょい。1セット1,800円強は、高機能マスクとしては妥当な価格帯でしょう。

マスク1枚にインナー5枚がセット 2,750円
マスク単品を4枚(大人用) 1,650円 x 4
合計 9,350円(送料無料)

ウレタンや不織布マスクと比較して

その他のマスク
2軍落ちマスク各種

幸い、今、私の手元にも、複数のマスクがある状況になっています。友人からわざわざ送ってもらった不織布マスクが十数枚と、新型コロナウイルスの流行以前に買っていた不織布マスクが数種類、使わずに放置していた高機能マスク、見た目だけのウレタンマスクなどです(ガーゼマスク2枚は、捨てずにどこかに放置…)。

このうち、普段しているのは黒いウレタンマスクで、人混みの屋内や公共交通機関に乗るときにだけ付けて、頻繁に洗っています。息苦しくなったりメガネが曇るとか、耳の後ろが痛くなることはないんですが、それでも外すと、口と鼻の周りが薄ら汗をかいていることもしばしば。サングラスと帽子がセットだと、怪しさ最高なのは気にしない方向で。

これらと比較すると、ダントツマスクールはまず明らかに手触りが違います。上質で滑らかな手触り。顔にフィットさせても、息苦しさは感じません。接触冷感機能といってももちろん実際に冷えているわけではないので、ヒンヤリというよりサラリとした感じ。ただ、酷暑の屋外では、この違いだけでも随分と楽だと思います。

耳に掛ける部分のゴムは、断面が平たいタイプ。一般の不織布マスクと同じなので、丸一日ほぼ付けたままのような長時間だと、どうしても擦れて痛くなりそうな気はします。この点だけは、ウレタンマスクの方が幅もあってソフトかな。女性が気になるファンデーションや口紅なども、全く付かないわけではないと思います。基本はやはり、一日外で使ったら、帰宅後そのまま洗濯して陰干しでしょうね。

インナーは湿らせて使ってもOKらしいので、薄くミントやハッカ、ジャスミン系アロマのような、天然素材をスプレーしてもいいかも。というか、小さい保冷剤ならポケットに入って、本当の冷感にできるのでは!?数回洗った後の耐久性は今後の様子見ですが、手に入りやすい何か別の素材を試してもいいかと思っています。
他にも市販のいろいろなツールと組み合わせても良さそうな気はします。


7月中旬に注文して、届くまで約2週間。当時から非常に人気で現場は大忙しだったのか、商品が届いてから発送完了のメールが来るほどw お盆の休業も挟んだ今月は、もうちょっと時間が掛かるかもしれませんね。小松マテーレさん、大忙しの中、ありがとうございました 😀

サバイバルに必要不可欠なのは、正しい科学的な知識とユーモア。残暑もコロナ禍もまだまだ続きますから、バテないようにツールや知恵を組み合わせて、笑顔を忘れず過ごしましょう。

created by Rinker
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社