変更や中止前に鑑賞した、あいちトリエンナーレの印象

あいちトリエンナーレ 愛知芸術文化センター

愛知県で開催中の現代アートの祭典「あいちトリエンナーレ2019(以下、あいちトリエンナーレ)」。「表現の不自由展・その後」の、特に少女像と昭和天皇の写真にばかり注目が集まってしまいましたが、いろいろ素晴らしい作品も多かったので、会期の残りが20日ちょっとになった今(残念ながら、もう一回行くことも叶わなそうなので)、遅すぎる夏休みの宿題として、印象に残ったいくつかの作品の感想を書いてみます。

あいちトリエンナーレ2019 情の時代
https://aichitriennale.jp/

「表現の不自由展・その後」は、私がこの展覧会で見たかった出展作品の一つで、展示が中止される直前のも慌ただしい中でバタバタ鑑賞しました。実際に鑑賞した自分としての印象もある一方、一連の騒動を自分の中でもどう捉えたものか、未だに考えが整理できていないので、また機会を改めて別のエントリーで書くつもりです。

愛知芸術文化センター
まずは「本丸」へ。後から知りましたが、この時、事務局は大混乱だったんですね。それを知ってか知らずか、会場内は静かな雰囲気でした。それよりも、美術館前の「オアシス21」ではコスプレのイベントが開催されていて、どこまでが現代アートの展示作品かわからない(!)ような、なかなかカオスな状態でした。

愛知県美術館(愛知芸術文化センター)
まだスタッフの皆さんは慣れていなかった様子…とういより事務局は大混乱中…

日常演習 | 袁廣鳴(ユェン・グァンミン)(A20)

https://aichitriennale.jp/artwork/A20.html
とても強く印象に残った作品の筆頭がこれ。台湾で毎年実施されているという防空演習を、ドローン撮影した映像作品です。空襲サイレンが響く中、車も人も全く動かない、高精度なCGのような光景が目の前一杯に広がる緊張感は、完全に侵略者の視線でした。写真家の中野正貴氏の写真集『TOKYO NOBODY』を思い出していました。対照的な、今の荒れる香港情勢とのコントラストや繋がりも感じました。

日常演習 | 袁廣鳴(ユェン・グァンミン)(A20)
防空サイレンの中、淡々とカメラがフライスルーする恐怖。

ラストワーズ/タイプトレース | dividual inc.(A14)

https://aichitriennale.jp/artwork/A14.html
人生最後の10分で書くメッセージをテーマにした展示。TypeTraceという仕組みで、文字入力するスピードや変換がそのまま記録され、そのまま再現されていきます。何のきっかけだったか忘れましたが、以前、TypeTraceアプリケーションをインストールして、時々起動していたので、この仕組みのことは知っていました。
中央のiMacでは、キーボードがカタカタと自動で音と立ててメッセージを入力していきます。壁面にいくつも並んだディスプレイには、どこかの誰かが書き記した遺言が表示され、人々が静かにそれをじっと見つめます。普段、スマホでしか文章を書いていないだろう世代も、カタカタと音を立てて文字を書いていくキーボードに関心を示していたのが印象的でした。死をイメージする時にすら、フォントサイズの装飾を気にする人がいることも。
私は、「10分遺言」を書くのは、名古屋へ行って、その場でいきなりと決めていました。会場でこそ書きませんでしたが、名古屋を離れる前の深夜、死にゆく自分を悲しんでくれるかもしれない人たちに向けて、10分ぴったりで書いて残してきました。

ラストワーズ/タイプトレース | dividual inc.(A14)
10分で書くラストメッセージ。キーボードだけが、カタカタと音を立てていました。

Stranger Visions, Dublin: Sample 6 | ヘザー・デューイ=ハグボーグ(A13)

https://aichitriennale.jp/artwork/A13.html
これも凄かった。街をフィールドリサーチして、残留物からDNAを解析し、その人の顔を3Dプリンターで再現する研究作品でした。驚いたのは、自分のDNAの痕跡を消し去ったり、置き換えてマスクキングする薬品がすでに開発されている、SF小説のような現実。システムに自分が特定されないようなマスクやメイク、シャツや、デジタルタトゥーとしての痕跡を隠したり、消す処理と同じことが、何れDNAでも当たり前になることを予感させました。治験があったら参加したい!

Stranger Visions, Dublin: Sample 6 | ヘザー・デューイ=ハグボーグ(A13)
自分のDNAを置き換え、見えなくすることでマスキングする薬品。

チャイルド・ソルジャー | パク・チャンキョン(A21) 閉鎖中

https://aichitriennale.jp/artwork/A21.html
ジャングルで過ごす、戦時の少年兵の日常なのか、一見、何と言うことはない写真とスライドショーでしたが、少年兵が当たり前だと思えるのは、どこかの遠い異国か、昔の話だと思いたいだけだったのかも。A.ランボーの詩『谷間に眠れる男(Le Dormeur du val)』 を思い出していました。近くの展示作品から流れてくる籠もった爆発音が、妙にシンクロしていました。

孤独のボキャブラリー | ウーゴ・ロンディノーネ(A06)

https://aichitriennale.jp/artwork/A06.html
作者がそれを狙っていたかどうかは知りませんが、間違いなくInstagram向きだった作品の一つ。カラフルな等身大のピエロは、子供も楽しめ、至る所で同じポーズを取ってははしゃいでいました。
「人が見せるさまざまなポーズを表現した」という割には、満員電車の通勤とか、デスクワーク、キッチンで調理中のような姿は一つもありませんでした。また、笑顔のピエロが一人もいないことと、全てのピエロの顔に擦り傷のような汚れが、必ずあったことが印象的。実は、見た目ほどハッピーな作品ではなかった気がしています。

ドローン・シャドー | ジェームズ・ブライドル(A18a)

https://aichitriennale.jp/artwork/A18a.html
会場入口前に着いて真っ先に気づいたのが、地上に描かれた巨大な、恐らく軍用機の輪郭を模した線。コスプレイベントのグループは、その白線を全く意識していないようでした。
11階の展望回廊の説明を読んで初めて、それが無人ドローンの輪郭だと知りました。筑前町立大刀洗平和記念館の天井に、メッシュ状の金属で象られた、B29のシルエットも思い出していました。
無人兵器のシルエットの上で、楽しそうに過ごす大勢の市民のコントラスト。作者が意識したのかはわかりませんが、エアコンのない回廊部分には夏の直射日光が強烈に降り注いで、息苦しいほどの蒸し暑さでした。

ドローン・シャドー | ジェームズ・ブライドル(A18a)
この白線の上で楽しそうに過ごす、コスプレファンとのコントラスト。

タニア・ブルゲラ(A30) 閉鎖中

https://aichitriennale.jp/artwork/A30.html
会場を歩いていて何故か急に、『湿布を貼ってる高齢者が多くなってきた?』とは思ったんです。それは勘違いで、実は充満したメンソールで強制的に見る人に涙を流させる部屋という作品。確かに息苦しくて、ちょっと目をやられそうでしたが、涙まではしませんでした。入口で5桁の数字のスタンプを押してもらえなかったのは、会期が始まってまだ浅いスタッフの、単なるオペレーションミスだったか。

原子力の時計 | スチュアート・リングホルト(A24)

https://aichitriennale.jp/artwork/A24.html
大掛かりな時計で、裏では、ある時間になれば、地球の玉が転がって下へと落ちていく仕掛けでした。世界が崩壊するまでをカウントダウンする、世界終末時計を連想しました。

原子力の時計 | スチュアート・リングホルト(A24)
意図したんでしょうが、どうしても核施設のサインを連想。

●名古屋市美術館
コンパクトな会場でしたが、ここも興味深い作品がいろいろありました。ここも結局、2周しましたし。

名古屋市美術館
名古屋市美術館の隣の科学館も楽しそうでした…行きたかった。
サイコマジック:アレハンドロ・ホドロフスキーへの手紙 | パスカレハンドロ(アレハンドロ・ホドロフスキー&パスカル・モンタンドン=ホドロフスキー)(N06)
世界各地から、教祖様へのお悩み相談の手紙。

サイコマジック:アレハンドロ・ホドロフスキーへの手紙 | パスカレハンドロ(アレハンドロ・ホドロフスキー&パスカル・モンタンドン=ホドロフスキー)(N06)

https://aichitriennale.jp/artwork/N06.html
私が敬愛するA.ホドロフスキー監督の最新作『ホドロフスキーのサイコマジック(英題 PSYCHOMAGIC A HEALING ART)』のワールドプレミア上映(今回もクラウドファンディングに出資!)は楽しみだったんですが、映像作品の上映は9月末(!)だと後から知りました。まさか、映画の上映以外の展示があるとは思っていなかったので、これは自分にとってサプライズでした。
展示場所に足を踏み入れた瞬間、教会のような、神秘的な空間が作られていました。展示されていたのは、A.ホドロフスキー監督宛に世界各地から寄せられた、悩みを吐露する手紙の数々。日本語と英語に翻訳された冊子もあったんですが、目の前に展示された手紙の現物を読んで、そのまま理解できたら、どんなに感慨深く思えたことか。肉筆と、手触りがある紙というアナログなメディアのパワーを再認識しました。
奥の部屋では、スペインでのセッションの様子がビデオで流れていましたが、怪しい宗教儀式感たっぷりのホドロフスキー節全開!

The Clothesline | モニカ・メイヤー(N04) 変更

https://aichitriennale.jp/artwork/N04.html
華やかなピンクのスタンドの間に、まるで神社の絵馬のように、メッセージが書かれた紙がびっしりと貼り付けられていました。女性の性差別やセクハラ、ジェンダー問題などを扱っている作家の作品で、来場者が、自分の経験や記憶を書き留めていました。
女性の性差別や権利の搾取については、私には正論を語る資格はありません。見て見ぬ振りで消極的に加担してきたり、意識しているしていないにかかわらず積極的に利用したこともあるだろうことを、認めざるを得ないからです。絵馬や、スーパーマーケットの「お客様の声」ウォッチが好きな私なので、もちろん、自分もメッセージを書いて、参加してきました。
象徴的だったのは、この場ですら、わざわざ他者の書き込みに物申す人がいたこと。匿名(だと思っている)の暴力性は至る所にはびこっています。それは、時に同性同士ですら。
抗議の変更後は、メッセージを書く台紙が床に無造作に広げられているようで、これも新しいメッセージを帯びることになりました。

The Clothesline | モニカ・メイヤー(N04) 変更
実は、変更された後が象徴する光景もまた印象的。

無情 | 藤井 光(N03)

https://aichitriennale.jp/artwork/N60.html
戦時中の台湾映画社が撮影した、当時の学校の軍事教練用のモノクロ映画を元に、現代の女性や外国人(アジア人が多かった印象)が、ほぼ同じ動きをするカラー映像を合わせた作品。同じように、映画をプロパガンダに使った、満洲映画協会の甘粕正彦のことを連想しました。無表情にシンクロする部分と、色や質感のコントラストが強調される部分と、両方を一度に感じる作品でした。
この作品を見ているときに印象的だったのは、とある親子の会話。暗い部屋と緊張感ある空間のせいでしょうか、『何だか、怖い…』という子供に、『そうね、わからないから先に行こう』と口走っていた母親の言葉が、妙に記憶に残りました。そう、「知らないこと」とは、恐怖の入口。

無情 | 藤井 光(N03)
知らないのは、過去か、未来か、それとも今か。

Shoum | カタリーナ・ズィディエーラー(N10)

https://aichitriennale.jp/artwork/N10.html
Tears for fearsリアル世代としては、何だか妙な『Shout』が聞こえてくることに気付いていました。英語を知らない人たちが音階を微妙に外しながら、適当な歌詞で歌っていたコミックソング風のテイストかと思いつつ、別にそんなに面白くもない…これは一体何なんだ?説明を読んで、初めてハッとさせられた作品の一つ。


●四間道(しけみち)
古い日本家屋が並ぶ街並みの中、町中の古い屋敷やアパートが会場になっていた雰囲気がとてもよかった場所です。奈良のような、博多だと御供所町辺りのような。
これも知らなかったんですが、旧暦の七夕を祝う祭「第64回 円頓寺七夕まつり」が開催されていて、大賑わいでした。作品の展示会場がどこか、探すのも一苦労でした(マップを見ろって話なんですが…)。浴衣姿で紛れたかったかも。

四間道(しけみち)
円頓寺七夕まつりで、夜遅くまで大賑わい。

葛宇路(グゥ・ユルー)(S05)

https://aichitriennale.jp/artwork/S05.html
これも凄かった!中国人の作家が、名前が付いていないとある通りに、自分にちなんだ名前を勝手に付け、道路標識まで作って、警察に怒られて撤去されるまでがバズった、現代のネット地図と検索エンジンの素晴らしいハックでした。会場横には、標識の現物が置かれていたんですが、最初に目にした時、日本の道路標識とは違うので、『何か、変!?』と思ったんですが、監視国家でこんな行動を取るなんて。
ここの商店街の奥の飲食店にも、入ってみたかったな。

葛宇路(グゥ・ユルー)(S05)
交通インフラの隙間や、ネットの地図をハックする、自分のポジショニング。

声枯れるまで | キュンチョメ(S08)

https://aichitriennale.jp/artwork/S08.html
男女の出品比率を揃えた意図もあってか、個人のセクシャリティーやトランスジェンダーをテーマにしたドキュメンタリー作品がいくつかありました。悩みや苦しみ、喜び、捉え方は、当たり前に人それぞれなのだなと感じました。
もし、展示作品をすべて入念に調べてスケジュールを立てていたら、もしかするとこの作品は優先順位を下げて、スキップしていたかもしれません。祭りで賑わう商店街でたまたま見つけたサインを頼りに入った、古いアパートを改築した会場も雰囲気に誘われたのがよかったな。

町蔵 | 岩崎 貴宏(S02)

https://aichitriennale.jp/artwork/S02.html
この静かな迫力は凄かった。暗幕を開けた瞬間、小さく『あっ』と声を上げそうになったほど。普段は非公開の、個人宅の蔵を会場にした作品で、一度に2人ずつぐらいしか入れない場所に、作品の世界が広がっていました。あれは名古屋市内の、戦後の姿だったんでしょうか。過去?それとも未来?この美術展が終わった後は、一体どうなる!?

あなたは、その後彼らに会いに向こうに行っていたでしょう。| 津田 道子(S01)

https://aichitriennale.jp/artwork/S01.html
古民家 meets テクノロジー。和室の手前から奥にかけて、3枚の襖が使われていた作品でした。枠だけ、鏡、カメラ映像を時間差で映すディスプレイと、それぞれに表示される内容が異なり、その間に自分を置く、会場と一体化した作品でした。襖ひとつで区切られる空間と時間。

ステージの幕 | ピア・カミル(A35) 変更

https://aichitriennale.jp/artwork/A35.html
歩き疲れて帰る最後に辿り着いたのがこの巨大な作品でした。縫い合わせた大量のロックTシャツとスピーカーコーン。巨大な作品が問いかけるテーマが、実はフェアトレードであり、エシカルなプロダクトなのだということは、作品解説を読んで初めて理解しました。
ロックに限らず、グッズ販売は貴重な収入源の一つというのが、現代の音楽ビジネスの現実。大体、アンコール明けが物販紹介コーナーになっている気がします。津田さんが書いた本『だれが「音楽」を殺すのか?』を、ぼんやりと思い出していました。

ステージの幕 | ピア・カミル(A35)
ロックンロールというショービジネス。

無理して行ってよかった、ものの…

アートの役割とは、それがポジティブであれ、ネガティブな方向であれ、人の感情を突き動かして、問題を提起することではないかと、私は思っています。
正直、なぜこれが芸術作品なのか理解に苦しむ作品や、好みではなかった作品、熊本市で開催されていた『デザイン あ』展の方が、楽しかったなと感じたところもありました。
駆け足の2日弱という短い時間だったので、パッと見で興味が湧かなかった展示は、さっさと飛ばしてしまいました。パフォーマンスイベントや豊田市の会場、子供向けの会場に至っては、全く見ていません。「表現の不自由展・その後」の展示も、すべて無条件に共感できたわけではないですし、もうちょっとじっくり見れば、捉え方も違ったかもしれません。とにかく、中止は残念です。

実際に足を運んだ甲斐がありました。期間が終わるまでにもう一度行ってみたいんですが、でもやっぱり福岡から遠いんですよね、結構。実は、この作品の展示中止や変更、そして終了後に至るまでの会期後半は、それ自体がまた新しい、人の感情を突き動かすきっかけなんだろうとは感じているので、今後の展開にも引き続き注目しています。