映画『さがす』を見たら抑えきれずにGoogleマップで現場探ししまくっていた

映画『さがす』(2022)は、期待を遙かに上回る本当に深く沁みる作品でした。時間を置いて、映画館も変えて2回見に行ったほどですが、他のどれにも似ていない、これほど不思議な感覚を抱く作品は滅多に出会えるものではありません。Webサイトにある連作のグラフィックイメージも素晴らしい仕上がりです。最近、日本映画が特に素晴らしいんですが、『由宇子の天秤』(2020)以来の衝撃でした。

【以下、映画を未見の人は視聴した後で読むことをお勧めします】

もちろん、映画の内容は素晴らしかったんですが、それとは別に強く感じたのが、『撮影された場所をちょっと覗いてみたい』という衝動でした。舞台のひとつは大阪府大阪市西成区で、もう一つが瀬戸内海にある島「果林島」ですが、それぞれこの舞台装置が借景としてとても魅力的に機能していました。

ということで今回は、映画評ではなく、デスクトップで少し聖地巡礼をやってみた話です。といっても、2回目に視聴した時もメモを取りながら見たわけではないので、予告編や公式サイトの画像、監督や出演者のインタビュー記事、土地勘がある人の書き込みなどを参考に辿った程度です(パンフレットはあったんだろうか…?)。

混沌の町、大阪西成を歩いてみる

大阪西成は、2回ほどぶらぶらと町歩きしたことがありますが、安宿に泊まって、古い喫茶店や銭湯に入ったりしたことが一度あった程度です。場所の特異性については、昔からいろいろ見聞きするたびに、何となく興味を持っていました。オーケンの本にも出てきましたが、町中に生活保護についての案内や靴盗難の注意書きが溢れているのも、50円の缶ドリンク自動販売機も、初めて見ました。物見遊山で訪れるような場所ではないとはいえ、だからこそ、安全な範囲から肌感覚で体験したい怖い物見たさでした。

確かに、北部九州の古い町辺りで感じるアジアの混沌とはどこか違う雰囲気がありました。高齢化し切って枯れたような東京の千住とも違う。ギラギラと生命力に溢れているでもなく、何もかも諦めきった末にただそこにいる。一方、来訪者には動物的な緊張感も強いられる。

町と人が醸成するあの独特の空気は、忌み嫌ったり軽蔑するどころか、自分と全く異質だとは思えないんです。「浄化」しきれない場末の町の向こうにあべのハルカスが聳え立っている光景は、映画『ブレードランナー』の世界とはまた違う近未来図でした。

今回の映画『さがす』の舞台になった場所をGoogleマップで探したところ、西成地区は急に細くなっている路地がとても多いことを知りました。行き止まりかと思ったら、細くなってもっと先へつながっている。ただ、辛うじて地図上に線が引かれているような細い生活道路は、流石にプライバシーへの配慮でストリートビューのカメラが入っていません。無責任な訪問者に知らせる必要がない、生活のための抜け道がある、ということなんでしょう。