iTunes Cardのコードまで削ってしまったら

コンビニなどでも買えるiTunes Card。これを使うには、裏面のスクラッチ部分を削って、その下に印字されているアクティベーションコードを確認して、それをミュージックアプリに入力する必要があります。しかし、硬貨のような固い金属でゴリゴリ力を入れすぎて削ると、うっかりコードまで削ってしまうんです。『あっ!』と思った時には大体手遅れ(経験者は語る)。

そんな時は、素直にAppleサポートにヘルプを依頼すれば解決できます!手順は大まかにこんな流れです。時間と気分に余裕があるときにやってみましょう。

  1. 読めなくなったiTunes Cardの表裏両面を撮影する。
  2. Appleのサポートページで必要な情報を入力する。
  3. 数日〜1週間ぐらい待って、運がよければメールでコードが届く

そして、iTunes Cardを削って失敗した人は、後からでいいので、この記事↓も読んでおくのがオススメ!

iTunes Cardのコードまで削ってしまった後の手順

  1. まずは落ち着け。それ以上、余計なことをしない!カードを捨てたり、ふてくされる必要なし。手元に用意するのは、iTunes Cardと買ったときのレシート(残っていれば処理がスムーズ)、Apple ID
  2. 明るい場所で、読めなくなったiTunes Cardの表と裏の両面全体をキレイに撮影し、保存しておく。撮った写真はスクリーンショットを撮ってカード部分だけにトリミングし、そっちを使うのが安全(撮影した位置情報などが含まれるEXIF情報がない状態にするため)。
  3. Appleサポートのページへアクセスして、「Music」を選択。
AppleのヘルプでMusicを選択
AppleのヘルプでMusicを選択
  1. 次に、「iTunes Store」を選択。
iTunes Storeを選択
iTunes Storeを選択
  1. 「iTunesCardとコード」を選択。
iTunes Cardとコードを選択
iTunes Cardとコードを選択
  1. 「iTunesCardのコードが読めない」を選択。
iTunes Cardのコードが読めないを選択
iTunes Cardのコードが読めないを選択
  1. さらに、「メール」を選択(AppleCareが有効な場合、電話も選択できます)。
メールを選択
メールを選択
  1. 詳細を入力。「アクティベーションコード」の欄は、削って分からなくなった部分は「*」で埋めて、できるだけ分かる範囲で入力。「iTunes Cardのシリアル番号」は、バーコード下にある「GCA」から始まる文字列を入力。
詳細を入力して、カード表裏とレシートの写真を添付
詳細を入力して、カード表裏とレシートの写真を添付
  1. 確認用ファイルとして、撮影しておいたiTunes Cardの写真(のスクリーンショット)を添付して[続ける]ボタンをクリック。
  2. 確認画面が表示されるので、しらばらく待つ(画面は72時間、確認メールでは48時間以内とのことでしたが、この時、結局コードが来たのは6日後)。
コード発行まで待機
  1. メールで完全なコードが送られて来るので、それをiTunes Storeの画面でコピー&ペーストし、[iTunes Cardコードを使う]ボタンでアクティベート。
iTunesコード入力
  1. チャージの残高が追加されたことを確認して、完了!
チャージ完了

最初の頃のiTunes Cardは、固いプラスティックのフィルムのようなもので覆われていて、ついゴリゴリやっていました。その後、スクラッチ部分を薄い銀色の塗料で覆い隠すタイプになって、最近では力をそれほど入れなくても軽く削れるようになってます。
なお、macOS Catalina 10.15からは、ついにiTunesアプリが廃止され、ミュージックとPodcasts、Apple TVという3つのアプリに分割されました。iTunes Cardもいずれ、Apple Music Cardのような呼称に変わるかもしれませんが、プラスティックカードの仕様は変わらないような気がします(というか段々使われなくなる)。とにかく、力加減にはご用心を。

そして、iTunes Cardを削って失敗した人は、この記事も読んでおくのがオススメ!そもそも、カードを買わなくてもアプリや音楽は買えるんですから。