アカウントもアプリも不要なビデオ会議サービスJitsi Meet

Jitsi Meetのミーティングルーム名の設定

  1. ウインドウ左の入力フィールドで、ミーティングルームに付けたい名前を決める。付け方は2通り。
    一つは、次々とランダムに自動表示される名前をそのまま使う方法。英単語を組み合わせた無数の名前のうち、口頭でも人に伝えやすい文字列が生成される(もちろん、日本人が発音しやすいわけではない)。ミーティングの内容とは全く関係ない名前でも、セキュリティー上、オススメはこっち
    もう一つは、自分で命名する方法。日本語をローマ字読みして、記号でつないだり、ある程度長くするのが有効。短すぎたりありきたりだと、他者と被るリスクが警告される。外部に知られてもいい文字列で(なお、以下のスクリーンショットのミーティングルーム名はダミー)。
    [ミーティングを開始]ボタンをクリックして、スタートする。
Jitsi Meetのミーティングルーム名設定
Jitsi Meetのミーティングルーム名設定

Jitsi Meetのマイクとカメラの設定、ミーティングへの参加

  1. Webブラウザーで、マイクとカメラの使用を許可が求められる場合は、[許可]ボタンをクリックする(事前に許可済みでも、ウインドウをプライベートブラウズやシークレットビューで開くと表示される)。
  2. ウインドウ一杯に、自分の顔が映し出される。ここは「プレミーティング画面」と呼ばれる状態。ウインドウ中央下表示される[マイク][カメラ]ボタンは、クリックでオン/オフを切り替えられる。また、右下の小さな[v]をプレスすると、使うデバイスを選択できる。なお、マイクとカメラは、会議中でも設定の切り替えやミュートが可能。
  1. 会議で使う自分の名前を入力して、[ミーティングに参加]ボタンをクリックする。ボタン右端の[v]ボタンをプレスすると、ミュート状態で参加できる。
  2. ボタン下の「この画面を再表示しない」をクリックすると(なぜかチェックのオン/オフが切り替わらない)、次回からは、この「プレミーティング画面」はスキップされ、直接ミーティングルームに入る。この設定は、ミーティングルームごとではなくWebブラウザーで共通なので、「プレミーティング画面」を再表示しない設定にすると、すべてのミーティングルームでいきなりスタートするので注意。
    「プレミーティング画面」を表示する状態に戻すには、ミーティングルームに入った後、「詳細アクション」>「設定」>「その他」>「プレミーティング画面を有効」をチェックする。
  • なお、私の環境では、ウインドウの一番下に「マイクが正常に動作していないようです」というアラートメッセージが表示されましたが、ミーティングが始まれば何も問題ありませんでした 😛

Jitsi Meetミーティングのセキュリティー設定

  1. Jitsi Meetのミーティングルームが表示される。ウインドウ下のUIは、マウスを操作せずに少し時間が経つと一時的に隠される(常時表示オプションはなし)。
Jitsi MeetのUI(ユーザーインターフェイス)
Jitsi MeetのUI(ユーザーインターフェイス)
  1. ウインドウ右下のオレンジの[セキュリティオプション]ボタンをクリックして、「セキュリティオプション」を表示させる。「ロビーを有効」をオンにし、パスワードも追加する。ボタンは緑に変わる。パスワードは文字列が見えたままの状態なのと、これらの設定はどちらも、ミーティングルームのページを閉じるとリセットされることに注意。
セキュリティーオプション設定
セキュリティーオプション設定