Tips:Wi-Fiのパスワード共有をミスした後で再共有するには

macOS/iOSで便利な機能の一つが、Wi-Fiパスワードの共有です。コワーキングスペースや取引先、カフェ、出張先のホテルなど、初めてそこのWi-Fiに接続するとき、自分が信頼できるデバイスとして連絡先が共有されている複数のデバイスを持っていれば、いちいち全部にWi-Fiパスワードを入力しなくても、すでにWi-Fiに接続済みの一つのデバイスから、パスワードをシェアできる仕組みです。

QRコードを読めば接続できるような仕組みもあるので、私の場合はiPhone→MacBookが多いんですが、先日、これを一度無視してしまったところ、再共有ができなくなりました。軽くトラップに引っかかったので、その解決方法を紹介しておきます。

MacのWi-Fi入力画面
何度も入力したくない!
  1. 最初に、iPhoneをWi-Fiに接続する。この時は、パスワードを普通に手入力(またはQRコードの読み取り)。
  2. 次に、接続したいデバイスを開く(この例の場合はMacBook Pro)。iPhoneを接続したのと同じWi-Fiを選択すると、パスワード入力画面に切り替わる。
  3. iPhoneの画面に、Wi-Fiパスワードの共有確認画面が表示される。[パスワードを共有]ボタンを素直にタップすれば問題ないものの、うっかり別の場所を触ったり、ホームに戻ってしまうと、消えてしまう!
  4. 普通は、iPhoneを一旦ロックし、もう一度ロック解除すれば、Wi-Fiパスワードの共有確認画面がもう一度表示される。今回、なぜかこれが再表示されない!
  5. 原因は、別のデバイスとの接続が優先され、そちらにWi-Fiパスワードの共有確認画面が表示されていただけ(ちょうど、Bluetoothの接続優先順位のようなもの?)。一旦、別デバイスからの共有を無視したことで、iPhoneに再表示されるようになり、無事にMacBook Proへパスワード共有完了!

出張や外回りの機会も限られる昨今ですが、デバイスの設定によっては、例えば一緒に居る同僚が持っているiPhone側が優先されて表示が出ていると、自分では気がつかないこともありそうです。
解決してしまえば何てことはありませんでした。Wi-Fiパスワードを共有するような間柄の人たちとのリアル接触時間は、少しは戻るんでしょうかね。