環境設定を複数のマシンで同期させるSymbolicLinkerが楽

今回のTipsは、アプリケーションやユーティリティーの環境設定やプロファイルを、複数のマシンの間で同期して、便利に使う方法。それが「シンボリックリンク」です。

例えば、AとBの2台のマシンがある場合、一般的にはAはAだけの、BはBだけの環境設定が作られます。ただ、テンプレートやいろいろなプロファイル、辞書などが同期できないと、Aで登録した辞書がBで使えないとか、Bで作ったテンプレートをAから呼び出せなくて、結構面倒ですよね。マシンの台数が少なければ、環境設定ファイルをコピーしたり、同じ作業を繰り返すこともできますが、アプリケーションを使うたびに環境設定は書き換えられるので、あまり有効な解決策にはなりません。

AdobeやMicrosoft、Googleなどのアプリケーションは、専用のサービスで設定が同期されます。それ以外の場合でも、同じように同期できたら便利ですよね。今回は、シンボリックリンクとクラウドサービスを組み合わせて使います。データをDropboxやBOX、iCloudなどのクラウドサービスで簡単に同期するように、アプリケーションの環境設定も同期するわけです。

シンボリックリンクとは?

「ちょっといいエイリアス(ショートカット)」だと考えるとシンプルです。環境設定フォルダのエイリアスを作って置き換えても、そのままでは上手く認識ませんが、シンボリックリンクを作ると認識してくれます。

シンボリックリンクのメリット

  • アプリケーション本来の機能では同期をサポートされていなくても、環境設定などを同期できる。
  • 複数のマシンで、常に同じ環境設定で作業できる。
  • 設定ファイルの管理が楽
  • ファイルが重複して無駄なストレージを浪費することがない

シンボリックリンクのココはちょっと注意

  • アプリケーションが正式にサポートする方法ではないので、本来の操作ができないことがある。
  • 複数のマシンで同時にアプリケーションを使っている場合、設定ファイルが競合することがある。
  • 設定を変えてしまったり不具合があった場合、他のマシンでもすぐに影響してしまう。
  • 例えばGPUや連携するアプリケーションの有無など、システム環境ごとの違いは無視される。
  • クラウドサービスのメンテナンスや不具合の影響を受ける可能性も。

シンボリックリンクの具体的な作り方を、次で説明します。