スマホ充電OKなソーラー&手回し発電付き防災ラジオ

SONY ICF-B88

パンデミック対策が個人から国家まで、世界中で最重要課題になった今、私が長年使っている防災ラジオを紹介しておきます。ラジオを聞くだけならスマホスマートフォンアプリでも聴けますが、専用デバイスとして持っておくのも悪くありません。

6年半ほど前に私が買ったのはSONY ICF-B88。今は、ワイドFMにも対応した、このモデルよりも新しいICF-B99が出ていますが、基本機能は同じです。

SONYの防災ラジオのココがいい!

  1. 防災用ラジオとして、しっかりした作り(薄型軽量のカードタイプではない)
  2. ハンドルをグルグル回して、USBポートに接続したデバイスを充電できる(USBケーブルが付属)
  3. チューニングはダイヤル式(デジタルチューニングではない)
  4. 複数の電源タイプ:単3乾電池2本、内臓充電池、ソーラーパネル、USB ACアダプター(別売り)
  5. LEDライト内蔵、ホイッスルも付属
  6. 持ち運びが苦にならない程度のサイズと重さ

いざという時に間違いなく動いて欲しいので、ちゃちな安い作りではない製品をチョイス。キャリングポーチが付属していて、プラグやケーブルを収納できる内ポケットがある細やかさも○。また、チューニングはダイヤル式を選びました。デジタル式で便利な自動チューニングやプリセット、録音機能など、余計な機能は一切無くてOKと割り切りました。サイズも、極端に大きく重たくはありません。

電源が複数から選べるのも大変心強い点です。乾電池の代わりに、充電式のeneloopという選択もありです。小さいながら、上部にソーラーパネルがあるのも好評価。専用充電器は別売りですが、身の回りにはさまざまなUSB機器や電源アダプターが溢れているので購入しませんでした。手回し発電器(ダイナモ)は、ラジオ本体と、接続する外部デバイスを充電できます。ハンドルを回すペースは、約2回転/秒。iPhoneやモバイルバッテリーも充電できます。

  • 手回し充電器:約1分充電すれば、FM受信約50分
  • アルカリ電池:FM受信約80時間、ライト点灯時約50時間
  • USB電源:フル充電まで約3時間、FM受信約32時間
  • ソーラーパネル:晴天の屋外1時間充電で、FM受信約40分

LEDライトは小さい径ですが、光量はそれなりにあります。単体でなく、空気を入れて膨らませた白いコンビニ袋などを照らすと、ある程度の明るさを確保できそうです。また、サイレンこそありませんが、オレンジのプラスティックの警笛が付属していて、思い切り吹けばかなり大きな音が出せそうなのも心強いところ。

SONYの防災ラジオのココは要注意

外部機器を手回し充電するのは、結構な運動

外部デバイスを充電するには、かなりの時間、回し続けなければなりません。iPhoneで試したところ、1%充電するのにハンドルを3分程度回さなければならず、かなりの運動でした。また、握り手部分が小さくて、途中から力が入れにくくなりました。iPadは試していませんが、さらに大変なはず。
充電時は機内モードして余計なGPSや通信はオフにするとか、数人で交代しながらグルグル回す、日中はソーラーパネルに頼るなど、複数の工夫と体力が必要そうです。

ICF-B88 手回し発電機
手回し充電をグルグルやり続けるのは結構大変

ラジオを聞いている時は、外部機器を手回し充電できない

ラジオと手回し充電は、一度にどちらか一方だけしか使えません。防災情報を聞きながら、iPhoneを充電するような使い方はできないので、要注意。

USBポートからの充電状態やバッテリー残量が分からない

何気に困るのが、バッテリー残量が分からないこと。ハンドルを回しているときの発電ランプはありますが、フル充電までどれぐらい回せばいいのかも分からないので、ラジオに関しては、雑音が増えてきたなと思ったら、グルグルやる感じでしょうか。

内蔵バッテリーは簡単には交換できない

6年半も経てば、内蔵バッテリーの劣化は十分考えられます。試しにAM番組を流し続けたところ、12時間ほどは持ったので、今すぐ交換が必要なほどではない模様です。ただ、交換するには、本体をバラして中をごにょごにょやる必要があるようで、いざとなって実際にやるかどうかは迷うところ。


ソーシャルメディアやテレビの情報に晒されすぎると、どうしても気分が落ち込みます。実際、私の知り合いでも、『音声をミュートしてテレビ映像だけ流している』とか、『画面はできるだけ見ないで、音声だけ流している』ような視聴スタイルの人もいます。

その点、ラジオは「ながら聞き」に最適なデバイス。ネット回線やメモリも気にしなくていいし、操作もシンプルです。本当に防災で使わなければならない機会が来ないことを祈りつつ、単純にモノとしてもオススメできます。