WebブラウザーだけでPDFが作れるショートカット.newが便利

Adobe Acrobatを使っていなくても、Webブラウザーのウインドウにドキュメントをドラッグ&ドロップするだけでPDFに変換できるショートカット、というかURLがあります。つまり、AcrobatなしでもAcrobatと(ほぼ)同じことができるんです。

それは、Webブラウザーで PDF.new にアクセスするだけ。

この機能は、2020年の8月頃から提供が開始されたので、そろそろ半年です。私自身が使うというより、リモートワークが増えたこの1年、あまりAcrobatに詳しくないユーザーに使ってもらうことが増えました。このショートカットを使えば、PDFを変換する以外にも、編集したり、ファイルサイズを最適化したり、署名を加えたりが可能。とても便利なので、改めて紹介しておきます。

AcrobatのURLショートカットで、PDFに変換できるフォーマット

普段、ビジネスで使うドキュメントなら、ほぼ全部OKといったところ。残念ながら、MacのOffice互換アプリケーションPages/Numbers/Keynoteには対応していません。
docx/doc/xlsx/xls/pptx/ppt/txt/rtf/jpg/png/tiff/bmp/ai/indd/psd

AcrobatのURLショートカットでPDFを扱う、ココがいい!

AcrobatのPDF変換ページPDF.new
AcrobatのPDF変換ページPDF.new
  • デスクトップWebブラウザーだけで完結する。Acrobatアプリケーションやプラグイン、ユーティリティーは不要。
  • OSやWebブラウザーの種類に依存しない。macOSのSafariでも、WindowsのMicrosoft EdgeでもOK。ネット接続は必須。
  • Acrobat DCと(ほぼ)同等の機能が使える。
  • しかも、無料!一部の機能は、ログインしなくても使える。ただし、無料のAdobeアカウントを持っていた方が便利だったり、Adobeユーザー向けのプレミアム機能あり。
  • Webブラウザーだけで済むので、別に起動するアプリケーションやユーティリティーでメモリを喰わない
  • 信頼性が疑わしいサードパーティーのサイトやユーティリティーを使わずに、Adobeのサイトで完結する。
  • Microsoft 365(Office)にも、余計なアドオンやプラグインを追加しなくていい
  • 『Acrobatはインストールしているが、使い方をよくわかっていない』ユーザーへの教育コストが削減できる(かも)。

AcrobatのURLショートカットでPDFを扱う、ココは要注意

  • アップロードして処理されるため、セキュリティー上のリスクがゼロではない。
  • それぞれのショートカットが使えるのは、1日1回。
  • 文字列がURLだと認識されないので、Webサイトのリンクとして共有できない(この記事でも、リンクが生きた状態で入れられない!)。文字列のドラッグ&ドロップでも、Webブラウザーは反応しない。また、はてなブックマークのようなソーシャルブックマークサービスには、有効なURLとして保存できない。
  • ファイルサイズの大きなPDFを扱う場合、通信パケットは喰うかも。
  • 画像は、heicやwebpフォーマットに非対応。
  • 一部の機能は、画面UIが英語で表示される。
  • モバイルOSではエラーになる(アプリがありますし)。
  • 組織によっては、URLの制限でアクセスできない可能性あり。
  • Acrobat DCユーザーには、特にメリットはない。