PDFに電子印鑑でハンコを押す方法

Adobe Acrobatには、「電子印鑑」という機能があります。スキャンしたハンコの画像データをカスタムスタンプとして登録し、「PDFに押す」ことができるので、それを説明します。

新型コロナウイルスの影響で、ようやく印鑑と紙の無駄がバレつつあります。行政や企業レベルで、押印の廃止もやっと進むようになりました。遅すぎても、やらないよりはいいですが…

Adobe Acrobatアイコン
やっぱりAcrobat

でも、そんなの2021年まで待ってられない!受け取ったPDFをわざわざ印刷して、そこに印鑑を押し、スキャンして、メールに添付して送信するような、信じられないほど超くだらないことに、1秒だって手間を掛けたくないじゃないですか!

だったら、技術の超無駄遣い感はありますが、今の制限でできる最大限の効率化を淡々とやるだけ。そこで、普段の仕事で使っているその印影の画像を取り込んで、PDFに挿入する方法を紹介しましょう。ただし、使い方の注意点もあるので最後まで読んでみてください。

Acrobatの電子印鑑を使う(かなり仕方なく)

Acrobatを使えば、簡単に電子署名が入れられることは、以前紹介しました。そのPDFファイルが改ざんされているかどうかがチェックできるので、一定のセキュリティー効果はあります。ただ電子署名は、日本のビジネス文化の中では、印影の代わりにはならないんですよねぇ。そこで、電子印鑑を併用するわけです。やり方は簡単ですし、併用もアリ。

Acrobatでは、登録ユーザー名や日付が自動挿入された電子印鑑がデフォルトで生成され、紙に押すような感覚でPDF書類にハンコを押せます。また、スキャンした画像も、カスタムスタンプとして登録できます。

こういう風に、PDFに直接ハンコを押したい
こういう風に、PDFに直接ハンコを押したい!

こういう時に、Acrobatの電子印鑑を使うと便利!

  • 下らないペーパーワークを減らしたい。
  • いちいちPDFをスキャンしたり、印鑑を取り出したくない。
  • 既存のビジネスフローに合わせて、今まで使っていた印影を使いたい。
  • 最終的に紙が必要なのは避けられないが、下処理だけでも先にやってスピードアップさせたい。

Acrobatの電子印鑑を使うために用意するモノ

  • Adobe Acrobat DC/Professional/Standard/Reader(制限あり)などのデスクトップ版アプリケーション
  • または、Adobe AcrobatかAdobe Fill & Signモバイルアプリ
  • 印影の高解像度スキャンデータ(できれば300dpi程度)
  • (できれば)画像編集アプリケーション
  • コンセンサスと根回し、忍耐と…

Acrobatで電子印鑑を使うステップ

  1. 印影の高解像度スキャンデータを用意する。フォーマットは、PDFかPNG、JPEG(Readerの場合は、PDFでしか登録できない)。
    今回の例では、Web上で生成できる認め印を生成(もうすでにこの時点で、印影はそもそもセキュリティーで役に立つのか?という意義が問われますが…)。ただし、天地左右は余白がない状態にトリミングしておくのが吉。
白い背景付きだと抜けない
白い背景付きだと、後ろの線や文字、図形が抜けない。
  1. 背景を抜きたい場合は、フォーマットはPNGで保存しておく(SVGは使えない)。PNGを編集できるWebサービスもあるので、ツールは自分の都合で。承認欄など枠の中に押せばよく、背景の抜きを考える必要がなければ、白い背景付きのJPEGでもOK。できるだけPNGをオススメ!
ベクターのアートワーク
ベクターデータにしておけば、よりスケーラブル。
  1. または、少し手間は掛かるものの、ベクターデータとしてPDFで保存すれば、高画質で背景も抜ける(ただし、アウトラインがクッキリ出過ぎる面も)。
  2. 印影の画像が準備できたら、Acrobatで「スタンプ」>「カスタムスタンプ」>「作成」を選択する。
  3. ダイアログボックスで[参照]ボタンをクリックし、スタンプに登録する画像を選択する。
  4. スタンプがプレビューされるので、[OK]ボタンをクリックし、「分類」を「電子印鑑」で、名前を付けて保存する。
  1. 「スタンプ」>「電子印鑑」のプルダウンメニューの一番下に、登録したカスタムスタンプが表示されるので、それを選択する。
  2. PDF書類上の任意の場所をクリックし、サイズや角度を調整して配置する(解像度に依存しないので、サイズが自由に変えられることに注意!後述↓)。
  3. できれば電子署名を添えて、PDFをロックして保存する。
電子印鑑と電子署名を併用
電子印鑑と電子署名を併用すればよりセキュアに。

ただし、注意点があります。それは…