Gmailから添付ファイルだけ削除すれば容量が空くがとても面倒

Thunderbirdアイコン
Thunderbird

Gmailのサーバー容量が75%を超えたので、Thunderbirdを使って添付ファイルだけを削除しました。その結果、30%以下まで減らすことに成功しました。ただ、いろいろ制約があって、これが思った以上に面倒で…。それなりに成果はあったものの、結構複雑です。

安心で快適な効果 vs 超面倒な手間との鬩ぎ合い!

Gmailの使用容量が約77%に!
Gmailの使用容量が約77%に!

私は、2000年初期頃からのメールの一部は、メインで使っているレンタルサーバーやDropbox以外に、Gmailにもバックアップしています。1月中旬頃に、Googleアカウントでアラートが表示されたのでチェックしたところ、いつの間にか容量が75%を越えていました。年が明けたのと、プロジェクトが一つ終わったこともあり、空き時間を時々作っては、メールを整理しておくことにしました。

過去のメールを調べると、無駄に巨大なメールがいくつも見つかりました。30MB(!)近いzipファイルを添付してきたビジネスユーザーや、一眼レフで撮影した高解像度の写真を何枚も貼り付けてきた人がいました。確かに、こんなのやられたら、ストレージがいくらあっても足りんわ!取りあえず、1MB以上のファイルを削除するだけでも、かなりのスペースが空くはずです。

具体的な手順は後で説明しますが、Thunderbirdで試しに、3.1 MBの添付ファイルが付いた4.3 MBのメールから、添付ファイルだけ削除したところ、9.7 KBになりました。実に0.2%へのダイエット成功!作業も恐らく、それほど大変ではないでしょう。機能拡張とかユーティリティーとか、何か先人の知恵とツールがあるはず。

Thunderbirdで添付ファイルだけ削除
Thunderbirdで添付ファイルだけ削除

…ところが、これが甘かった :'( これからやろうという人は、以下を参考にして、実際にやるかやらないかを判断してください。

このGmailの整理方法を知っておくと幸せになれる人

  • Gmailをメインもしくはバックアップで使っている地球人
  • 記録としてのメールそのものは、しっかり残しておきたい派
  • 添付ファイルは、ローカルストレージやクラウドに取っている常識人
  • 時間を作って自分自身で操作するか、信頼できる人に任せられる人
  • 過去の黒歴史にも冷静に対峙できる、精神と心にある程度のゆとりがある、禅の精神の持ち主(見習いを含む)

Thunderbirdを使えば、Gmailのメールは残して、添付ファイルだけ削除できる!

Gmailのメールから、添付ファイルだけを削除するには、メールアプリケーションThunderbirdを使います。このことは、予備知識として知っていましたが、実際にやってみるのは初めて。

もう、Thunderbirdなんてインストールしたのは、一体、何年ぶりか…。TwitterやTumblrを使い出すより前なので、少なくとも15年は下らないはず。「久しぶりに会ったあの人」みたいなトキメキ☆w
なお、以下はMacでの操作ですが、Windowsでも大差ありません。ただ、Thunderbirdのダウンロードはちょっと待った!この記事を最後まで読んで判断してください!

ThunderbirdでGmailの添付ファイルだけ削除する、メリット

  • メール本体は残したまま、添付ファイルだけ削除して、メールサーバーの容量を最適化できる。
  • 送受信者や日時、改行コードなど、添付ファイル以外のメールの内容は変更されない(一部例外あり)。
  • Thunderbirdは、無料で利用できるオープンソースソフトウェア。
  • 操作そのものは簡単で、特別なスキルも不要。

ThunderbirdでGmailの添付ファイルだけ削除する、デメリットや注意点

メリットよりデメリットの数がかなり多くなってしまいましたが、バランスとしては、どっちもどっちといったところで互角です。

  • 一括して削除する方法がない。一通ずつ手作業!古いThunderbirdで使えるアドオンはあるが、Thunderbirdが(半)強制アップデートされてしまうので、この作業専用の環境でも作らない限り、安定して使えないと考えた方がいい。
  • メールはすべて、一旦、ローカルのディスクにダウンロードすることになる。ストレージの空きが十分ないと作業できない。
  • 一部のメールでは、添付ファイルがあるのに認識されない(原因不明)。クリックしてメールを選択すると、添付ファイル付きのアイコンが表示される。
  • 添付ファイルが削除済みのメールにも、添付ファイル付きアイコンがそのまま残る(しかも、区別されない)。そのため、削除済みなのか、アイコンを見ただけではわからない
  • 一部のメールでは、タイトルが文字化けした(原因不明)。なお、作業途中でメール本文が一時的に文字化けすることもあったが、最終的には問題なし。
  • 添付ではなく、文面中に直接挿入されて送信されてきた画像(HTMLメール)や、転送された元のメール本文に挿入された写真は、同じ方法では削除できない。また、一部の送信先宛てのメールでは、添付ファイルだけの削除ができない(受信では問題なし、原因不明)。
  • 嫌なメールの送信者や内容が目に入ると、黒歴史を思い出さざるを得ないことも…