Microsoft Group Transcribeに無理やり議事録を書き起こしさせてみた

会議の議事録作成って、どうしてますか?ポイントだけ拾いながら、リアルタイムにまとめていく高いスキルは必須ですし、キーボードのカタカタ音が参加者には耳障りだったりしますよね。

Microsoft Group Transcribe
Microsoft Group Transcribe

また、メンバーに外国語ネイティブな人と、日本語以外ダメな人とが参加している時はどうしましょう?通訳係も必要ですし、それもそれで大変。オフショアで何か開発・製造するとか、外資系・越境ビジネスとかでなくても、優秀な外国人メンバーと仕事をする機会は、今後さらに増えるでしょう。

そんな悩みをまとめて解決してくれる優れたアプリが、Microsoft Group Transcribeです。今年の3月にアナウンスされてすぐダウンロードし、ずっと気になってはいたものの、本格的に使う機会がなかったiPhoneアプリです。Microsoft Group Transcribeは、対面のライブの会議で使うことが前提ですが、本来の使い方ではない、録音ファイルからの日本語の書き起こしだけでも十分使えたので、それを紹介します。

1:01からのリアルタイム翻訳も素晴らしい!!

Microsoft Group Transcribeって、どんなサービス?

  • 会議音声のリアルタイムテキスト化と、自動翻訳を同時に実現する無料アプリ。今のところ、iOS版のみ
  • 同じ部屋にいる複数のユーザーが、それぞれ自分のスマートフォンを使って参加して使う。ユーザーが各自のスマートフォンを使って参加することで、発言者の識別、書き起こしと翻訳の高い精度を実現している。
  • アカウントの登録やパスワード、認証などが不要。会議を始めるホストも、ビデオ会議のような管理者権限は特にない。
  • ランダムなアルファベット大文字5文字の「会話コード」が割り振られ、それを入力することで同じ会話に参加できる。会議に参加するには、Bluetooth、QRコード、リンクから。
  • 会議に参加する人数に制限はないが、最大4人が最適。Bluetoothで参加できるのは4人まで。
  • 80以上のロケール(言語や国・地域設定)をサポート。
  • 会話は録音されず、端末にもサーバーにも転送されないのでセキュア
  • 1回の音声認識は「セッション」と呼ばれ、30分。制限時間2分前にリマインドされる。
  • 会話はプレーンテキストとして保存され、パソコンに転送可能。各参加者の発言の冒頭には、自動的にタイムスタンプが記録される。
  • 「設定」>「スピーチ寄付の管理」をオンにすることで、認識率向上に貢献。音声とテキストがセキュアな状態で解析される。
  • Microsoft Garageという実験的プロジェクトの成果。妄想ながら、将来はMicrosoft Teamsのアドオンになるか、組み込まれるんだろうなという印象。

Microsoft Group Transcribeを使うと幸せになれる人

  • 会議の議事録役をよくやる・やらされるビジネスマン
  • 自分用の記録として、テキストで手元に残しておきたい社会人
  • 海外メンバーとのビデオ会議に毎回緊張感を覚えるじゃぱにーず
  • 支援ツールを探している、聴覚障害のある方やその周囲の皆さん
  • 取材の後、文字の書き起こしをしなければならないライター