「空の置き換え」をPhotoshopとLuminarで比べてみた

今年のAdobe MAXは、コロナ禍で完全にオンラインのみでしたが、興奮の内に終了しました。チェックしたのは一部のセッションだけでしたが、Apple同様、この規模のイベントをWebにスイッチできる、そのスピード感と柔軟性が本当に素晴らしいと改めて感じました。

例年通り、注目のサービスやテクノロジーが多数発表されましたが、新バージョンのPhotoshop 2021 22.0.0で、風景写真から空の部分を自動選択して置き換える機能「空の置き換え」がサポートされたので、一足先に同じ機能を実現していたSkylum社のLuminar 4と簡単に比較してみました。

ちなみに、Luminarは、後継ソフトウェア(Luminar 4の新バージョンではない!)のLuminar AIがリリース直前です。いろいろな情報が少しずつ明らかになっていますが、そこまで待てずに比較してみましたw Luminar AIがリリースされたら、また改めて比較しましょう。

どちらを使うにしても「空の置き換え」で幸せになれる人

  • 日常的に写真を編集するプロ。特に風景写真(旅行や交通、不動産、ウエディングなど…どこも今厳しい :'()。
  • Photoshopユーザーで新機能を試したい人か、Luminarの効果を試したい人。
  • フォトストックの写真に、少しアレンジを加えたい人。
  • 撮りためた空の写真が結構あって、それを使って新しいイメージを膨らませたい人。
  • どこにもGo Toできずに、昔の旅行の写真をちょっとレタッチしてみたい人。
  • Instagramを徘徊する、承認してくれなきゃイタズラするぞ欲求おばけ。

Photoshopの場合

Photoshopで「空の置き換え」
Photoshopで「空の置き換え」
  1. 空を編集したい写真を開き、「編集」>「空を置き換え…」を選択します。
  2. 「空を置き換え」パネルで、「空」プレビューの右側に表示される[v]ボタンをプレスして、使いたい空の写真を選びます。
  3. パネル下部の[プレビュー]がチェックされていると、空の部分が合成された状態をリアルタイムに確認できます。空は、ドラッグ&ドロップで自由に移動できます。
  4. 後は、必要に応じてさらに編集。

Photoshopだとココがいい!

Photoshopの空のカスタム画像
Photoshopの空のカスタム画像はプレビューあり
  • 他の編集処理もすべて、Photoshopでワンストップ。追加コストなし。
  • 操作方法は、「選択とマスク…」と似ているので、Photoshopユーザーならすぐに使える。
  • 高品質なマスクと調整レイヤーが、自動で生成される。
  • 合成したい空の写真を、プレビューで見ながら選べる。

ココはイマイチだったり要注意…

  • 複数の写真を同時に編集しながら見比べたりはできない。
  • 編集した複数の写真を、一括で書き出せない。
  • 「写真の空部分の高さ、または幅に合わせてフィット」のようなオプションがないので、サイズや位置によっては、縁の部分が欠けてしまうことがある。
  • 空のサイズは、スライダーでしか設定できない。角度は変えられない。
  • 空の写真をドラッグするとき、shiftキーで角度制限できない。
  • 空の写真は、以下のフォルダに、拡張子.skyのPhotoshopプリセットとして書き出せるが、デフォルトの写真を画像ファイルとして書き出す機能はない。
    /Users/(ユーザーアカウント)/Library/Application Support/Adobe/Adobe Photoshop 2021/Presets/